svnserve.conf

Section: File Formats (5)
Index JM Home Page roff page
 

名前

svnserve.conf - svnserve に対するリポジトリ設定ファイル  

書式

repository-path/conf/svnserve.conf
 

説明

svnserve.conf は、 リポジトリごとに svnserve デーモンの動作を制御します。 このファイルは、 リポジトリのサブディレクトリ conf に置きます。

ファイルの全体的な構造は、 Subversionユーザー構成ファイルの構造と同じです。 最上位にセクションがあり、 セクションを表す単語を角カッコで囲みます。 各セクションの配下では変数を定義します。 その書式は "変数 = 値" とします。 行頭が '#' から始まる行は無視されます。 svnserve.conf では今のところ、 "general" というセクションただ 1 つが用いられていて、 以下に示す変数がサポートされています。

anon-access = none|read|write
未認証ユーザーのアクセスレベルを設定します。 write アクセスは、 リポジトリに対するすべての操作を許可します。 read アクセスは、 コミットやリビジョンプロパティの変更以外の操作を許可します。 none アクセスは、 アクセスを拒否します。 デフォルトのレベルは read です。

auth-access = none|read|write
認証ユーザーのアクセスレベルを設定します。 アクセスレベルは、 上と同じものを用います。 デフォルトのレベルは write です。

password-db = filename
パスワードデータベースの場所を設定します。 filename は、リポジトリの conf ディレクトリからの相対パスとすることができます。 デフォルト値はありません。 パスワードデータベース全体の形式は svnserve.conf と同じです。 ただし利用されるセクションは "users" ただ 1 つです。 そしてセクション内に指定される変数がユーザー名であり、 その値がパスワードです。

authz-db = path
オプション authz-db は、 認証ルールを定めたファイルの場所を指定するものであり、 このファイルにより、 パス (path) ベースのアクセス制御を実現します。 path には、 リポジトリの conf ディレクトリからの相対パスを指定することもできます。 リポジトリの相対的な URL (^/) を使うか、 Subversion リポジトリ内のテキストファイルを示すための file:// URL を使うことができます。 この設定にデフォルトはありません。 この authz-db を設定しなかった場合、 パスベースのアクセス制御は行われません。

realm = realm-name
リポジトリの認証領域 (authentication realm) を設定します。 2 つのリポジトリが同一のパスワードデータベースを利用するのであれば、 領域は同一でなければなりません。 その逆もまた同様です。 この関連付けにより、 クライアントは複数のリポジトリに対して、 ただ 1 つキャッシュされたパスワードを利用できるようになります。 realm 値のデフォルトは、 そのリポジトリの uuid です。
 

以下に示す svnserve.conf の例では、 認証ユーザーに対して read アクセス、 匿名ユーザーに対してアクセス拒否を設定しています。 また同一ディレクトリ内にある passwd データベースを設定し、 領域 (realm) 名を定義しています。

 [general]
 anon-access = none
 auth-access = read
 password-db = passwd
 realm = My First Repository

ファイル "passwd" の例は以下のとおりです。

 [users]
 joeuser = joepassword
 jayrandom = randomjay
 

関連項目

svnserve(8)


 

Index

名前
書式
説明
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:41 GMT, November 24, 2022