RMMOD

Section: rmmod (8)
Updated: 2021/01/29
Index JM Home Page roff page
 

名前

rmmod - Linux カーネルからモジュールを取り外す単純なプログラム  

書式

rmmod [-f] [-s] [-v] [modulename]
 

説明

rmmod は、カーネルから (モジュールをアンロードする機能がサポートされている場合に) モジュールを取り外すささやかなプログラムです。ほとんどのユーザが rmmod よりも modprobe(8) に -r オプションを付けて使いたいと思うことでしょう。  

オプション

-v, --verbose

プログラムが何をやっているかについてメッセージを表示します。通常 rmmod がメッセージを出すのは、何かがうまく行かなかったときだけです。

-f, --force

このオプションは、きわめて危険なことがあります。 カーネルのコンパイル時に CONFIG_MODULE_FORCE_UNLOAD を有効にしていないと、このオプションは効果を持ちません。このオプションを使うと、 現在使用中のモジュールや、取り外せるように作られていなかったり、 取り外すのは危険だとマークされているモジュールを取り外すことができます (lsmod(8) を参照してください)。

-s, --syslog

エラーメッセージを標準エラーではなく、syslog に送ります。

-V --version

プログラムのバージョンを表示して終了します。
 

著作権

このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。  

関連項目

modprobe(8), insmod(8), lsmod(8), modinfo(8) depmod(8)  

著者

Jon Masters <jcm@jonmasters.org>

開発者

Lucas De Marchi <lucas.de.marchi@gmail.com>

開発者


 

Index

名前
書式
説明
オプション
著作権
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:38 GMT, November 24, 2022