MODINFO

Section: modinfo (8)
Updated: 2021/01/29
Index JM Home Page roff page
 

名前

modinfo - Linux カーネルモジュールについて情報を表示する  

書式

modinfo [-0] [-F field] [-k kernel] [modulename|filename...]
modinfo -V
modinfo -h
 

説明

modinfo は、コマンドラインで指定された Linux のカーネルモジュールから情報を取り出します。モジュールの名前がファイル名でない場合は、 /lib/modules/version ディレクトリが検索されます。 これは、カーネルモジュールをロードするときの modprobe(8) の動作と同じです。

modinfo は、デフォルトでは、指定されたモジュールの各属性を、読みやすいように fieldname : value の形式で列挙します。また、同じ形式でファイル名も表示します (ファイル名は、実際には属性ではありませんが)。

このバージョンの modinfo は、どんな Linux カーネルアーキテクチャのモジュールも理解できます。  

オプション

-V, --version

modinfo のバージョンを表示します。

-F, --field

指定されたフィールドの値だけを、1 行に 1 つずつ表示します。 この動作は、スクリプトで特に役に立ちます。 フィールド名は、大文字小文字を区別しません (訳注: 実際には区別します)。 よく使われるフィールドには (すべてのモジュールに存在するとはかぎりませんが)、 author, description, license, parm, depends, alias などがあります。 parm, alias, depends については、複数のフィールドがあることも珍しくありません。 スペシャルフィールド filename には、モジュールのファイル名が入っています。

-b basedir, --basedir basedir

モジュール群にとってのルートディレクトリ。デフォルトでは / です。

-k kernel

現在稼働しているカーネル以外のカーネルについて情報を提供します。 これがとりわけ役に立つのは、ディストリビューションにとって、新たにインストールした (しかし、まだ動作していない) カーネルモジュール一式から情報を取り出す必要がある場合です。 たとえば、新しいカーネルでブートする前には、そのカーネル用の initrd/initramfs イメージを作らなければなりませんが、 そのために、新しいカーネルの様々なモジュールが、 どんなファームウェア・ファイルを必要としているかを知りたい場合がそれに当たります。

-0, --null

フィールドの値の区切りに改行ではなく、ASCII ゼロ文字を使用します。 理論上では改行がフィールド中に現れることもあり得るので、これはスクリプトで役に立ちます。

-a --author, -d --description, -l --license, -p --parameters, -n --filename

こうしたものは、--field フラグの引数に author, description, license, parm, filename を指定する場合の簡易表記です。古い modutils の modinfo からの移行を容易にするためにあります。
 

著作権

このマニュアルページの最初の版は、"Copyright 2003, Rusty Russell, IBM Corporation" でした。現在では、Jon Masters ほか数名によって保守されています。  

関連項目

modprobe(8)  

著者

Jon Masters <jcm@jonmasters.org>

開発者

Lucas De Marchi <lucas.de.marchi@gmail.com>

開発者


 

Index

名前
書式
説明
オプション
著作権
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:38 GMT, November 24, 2022