HOST.CONF

Section: Linux System Administration (5)
Updated: 2019-03-06
Index JM Home Page roff page
 

名前

host.conf - レゾルバ設定ファイル  

説明

ファイル /etc/host.conf には、レゾルバライブラリの詳細な設定情報が含まれている。 このファイルには、1 行毎に 1 つの設定キーワードと それに続く適切な設定情報がなければならない。以下のキーワードが認識される。
trim
このキーワードは、2 回以上リストすることができる。 毎回、このキーワードの後には、 ドットではじまる 1 つ以上のドメイン名のリストを続けなければならない。 ドメイン名はコロン (':')、セミコロン (';')、コンマ (',') で区切る。 このキーワードが設定されると、レゾルバライブラリは DNS でレゾルブされた すべてのホスト名の後ろから与えられたドメイン名を自動的に取り去る。 このキーワードはローカルなホストとドメインで使用することを意図している。 (関連した注意 : NIS または hosts(5) ファイルで集められたホスト名に trim は影響しない。 hosts ファイルの各エントリーの最初のホスト名を、 完全なドメイン名付きのものにするかしないかは、 ホストごとのインストールポリシーにあわせて 適切に選択する必要がある。注意すること。)
multi
有効な値は onoff である。 on に設定された場合、最初のエントリーのみを例外として、 レゾルバライブラリは /etc/hosts ファイルに現れるホストに対して全ての有効なアドレスを返そうとする。 大きな hosts ファイルを持つサイトでは、 この設定は非常な性能の低下を招くので、 デフォルトでは off である。
reorder
有効な値は onoff である。 on に設定されると、 gethostbyname (3) が実行されるとき、レゾルバライブラリは、ローカルな (つまり、同じサブネットにある) アドレスが最初にリストされるように ホストアドレスを並べ変える。 すべてのルックアップ方式に対して並べ変えが行われる。 デフォルトの値は、 off である。
 

環境変数

以下の環境変数を使って、ユーザーは /etc/host.conf で設定されている動作を上書きできる。
RESOLV_HOST_CONF
この変数を設定すると、 /etc/host.conf の代りに読み込むファイルを設定できる。
RESOLV_MULTI
multi コマンドを上書きする。
RESOLV_REORDER
reorder コマンドを上書きする。
RESOLV_ADD_TRIM_DOMAINS
コロン (':')、セミコロン (';')、コンマ (',') で区切った ドット ('.') で始まるドメイン名のリスト。 ホスト名から取り去るドメイン名のリストに追加する。
RESOLV_OVERRIDE_TRIM_DOMAINS
コロン (':')、セミコロン (';')、コンマ (',') で区切った ドット ('.') で始まるドメイン名のリスト。 ホスト名から取り去るドメイン名のリストを上書きする。 trim コマンドを上書きする。
 

ファイル

/etc/host.conf
リゾルバ設定ファイル
/etc/resolv.conf
リゾルバ設定ファイル
/etc/hosts
ローカルの hosts データベース
 

注意

元々の実装に比べて以下のような違いがある。 新しいコマンド spoof と新しい環境変数 RESOLV_SPOOF_CHECK は、引数 off, nowarn, warn をとる。 コメントは行頭だけではなく、どこに書いてもよい。  

Historical

The nsswitch.conf(5) file is the modern way of controlling the order of host lookups.

In glibc 2.4 and earlier, the following keyword is recognized:

order
このキーワードは、ホストのルックアップ方式を指定する。 このキーワードの後には、コンマで分けた 1 つ以上のルックアップ方式が続かなくてはならない。 使用可能な方式は bind, hosts, nis である。
RESOLV_SERV_ORDER
order コマンドを上書きする。

Since glibc 2.0.7, and up through glibc 2.24, the following keywords and environment variable have been recognized but never implemented:

nospoof
有効な値は onoff である。 on に設定された場合、レゾルバライブラリは rloginrsh のセキュリティを向上させるためホスト名の偽装を防止しようとする。 これは、「ホストアドレスのルックアップを行った後、 レゾルバライブラリはそのアドレスに対してホスト名のルックアップを行い、 もし 2 つのホスト名が一致しなかった場合は、クエリーは失敗する。」 というように動作する。 デフォルトの値は off である。
spoofalert
有効な値は onoff である。 このオプションが on に設定されていて、 nospoof オプションも (on に) 設定されている場合、 レゾルバライブラリは syslog 機能を通じてエラーに関する警告のログをとる。 デフォルトの値は off である。
spoof
有効な値は off, nowarn, warn である。 このオプションを off に設定すると、偽装されたアドレスを許可して、 syslog 機能を通じた警告を発しない。 このオプションを warn に設定すると、レゾルバライブラリはセキュリティを高めるためにホスト名の偽装を防止し、 syslog 機能を通じてエラーに関する警告のログをとる。 このオプションを nowarn に設定すると、レゾルバライブラリはセキュリティを高めるためにホスト名の偽装を防止するが、 syslog 機能を通じた警告は発しない。 このオプションを何も設定しない場合は、 nowarn を設定したのと同じになる。
RESOLV_SPOOF_CHECK
spoof コマンドを解析するのと同じ方式で、 nospoof, spoofalert, spoof コマンドを上書きできる。 有効な値は off, nowarn, warn である。
 

関連項目

gethostbyname(3), hosts(5), nsswitch.conf(5), resolv.conf(5), hostname(7), named(8)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
説明
環境変数
ファイル
注意
Historical
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:29 GMT, July 19, 2021