WCSTOMBS

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-06-09
Index JM Home Page roff page
 

名前

wcstombs - ワイド文字列をマルチバイト文字列に変換する  

書式

#include <stdlib.h>

size_t wcstombs(char *dest, const wchar_t *src, size_t n);
 

説明

If dest is not NULL, the wcstombs() function converts the wide-character string src to a multibyte string starting at dest. At most n bytes are written to dest. The sequence of characters placed in dest begins in the initial shift state. The conversion can stop for three reasons:
1.
(現在のロケールにおける)マルチバイト列で表現できないワイド文字に 遭遇した場合。この場合には (size_t) -1 が返される。
2.
長さ制限によって強制停止させられた場合。この場合には dest に 書き込まれたバイト数が返される。しかしこの時点でのシフト状態は失われる。
3.
ワイド文字列が終端のヌルワイド文字 (L'\0') を含めて完全に変換された場合。 この場合には変換は初期シフト状態で終了し、 dest に書き込まれたバイト数を返す (終端のヌルバイト ('\0') は含まれない)。

プログラマーは dest に最低でも n バイトの空きがあることを 保証しなければならない。

dest が NULL の場合、n は無視される。上記と同様に変換が行 なわれるが変換結果のバイト列はメモリーには書き込まれない。 また長さの上限が存在しない。

上記の 2. の場合を避けるために、プログラマーは nwcstombs(NULL,src,0)+1 以上であることを保証しなければならない。  

返り値

wcstombs() 関数は生成したマルチバイト列のバイト数を返す。終端の ヌル文字は含まない。もし変換できないワイド文字に遭遇した場合には (size_t) -1 を返す。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
wcstombs() Thread safetyMT-Safe

 

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, C99.  

注意

wcstombs() の動作は現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存している。

wcsrtombs(3) 関数は同じ機能のより良いインターフェースを提供する。  

関連項目

mblen(3), mbstowcs(3), mbtowc(3), wcsrtombs(3), wctomb(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 11:55:27 GMT, May 01, 2021