STDARG

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-11-01
Index JM Home Page roff page
 

名前

stdarg, va_start, va_arg, va_end, va_copy - 個数、型が可変な引数リスト  

書式

#include <stdarg.h>

void va_start(va_list ap, last);
type va_arg(va_list ap, type);
void va_end(va_list ap);
void va_copy(va_list dest, va_list src);  

説明

関数は呼び出しに際して、個数や型が可変な引数をとることができる。 インクルードファイル <stdarg.h> では va_list 型が宣言されており、3 つのマクロが定義されている。これらを用いると、 呼び出された関数側では個数や型を知らない引き数のリストを、順に一 つづつ読み込むことができる。

呼び出される関数では、 va_list 型のオブジェクトが宣言されていなければならない。このオブジェクトが va_start(), va_arg(), va_end() の各マクロによって扱われる。  

va_start()

va_start() マクロは最初に呼び出さなければならない。これは ap を初期化し、 va_arg() と va_end() で用いることができるようにする。

引き数 last は引き数リストのうち、可変な部分の直前に置かれる引き数の名前であ る。つまり呼び出された関数が型を知っている最後の引き数である。

この引き数はレジスター変数や関数、配列として 宣言してはならない。この引き数のアドレスが va_start() マクロで用いられるかもしれないからである。  

va_arg()

va_arg() マクロは、呼び出し時に指定された引き数のうち、 次の位置にあるものを指定した型 type の値として取得する。 引き数 apva_list ap で、 va_start() によって初期化されている必要がある。 va_arg() を呼び出すごとに ap は変更され、次回の呼び出しの際に、さらに次の引き数を返すようになる。 引き数 type は型の名前である。 type の前に * を付ければ、オブジェクトへの型付きポインターが得られる。

va_start() マクロの直後に va_arg() を最初に実行すると、 last の次の引き数が返る。続けて実行すると、残りの引き数がそれぞれ返る。

次の引き数がなかったり、 type が次の引き数の実際の型と互換でない場合 (デフォルトの引き数変換で扱 えなかった場合) には、予測できないエラーが起こる。

apva_arg(ap,type) の形で関数に渡されると、 ap の値は関数から返って来た後は不定となる。  

va_end()

va_start() が実行される毎に、同じ関数内で対応する va_end() が実行されなければならない。 va_end(ap) が呼び出された後、変数 ap の値は不定となる。 va_start() と va_end() の組を何回も並べて使うことも可能である。 va_end() はマクロかもしれないし関数かもしれない。  

va_copy()

va_copy() マクロは (初期化済みの) 可変長引き数リスト srcdest にコピーする。動作は、 last 引き数に dest を渡して va_start() を dest に適用し、それから src が現在の状態に達するまでに呼び出したのと同じ回数だけ va_arg() を呼び出す、のと同じことを行う。

すぐ分かる va_list の実装は、variadic な関数のスタックフレームのポインターである。 このような場合(ほとんどはそうである)、 単に以下のようにすればいいように思える。

va_list aq = ap;

残念ながら、(長さ 1の)ポインターの配列として扱うシステムもある。 そのような場合、以下のようにする必要がある。

va_list aq; *aq = *ap;

最後に、引き数をレジスターで渡すシステムの場合、 va_start() でメモリーを割り当て、引き数を格納し、 次の引き数がどれかを指し示すようにする必要がある。 そして va_arg() でリストを順番にたどり、 va_end() で割り当てたメモリーを開放する。 このような状況に対応するため、C99 では va_copy() マクロを追加し、 前述のような割り当ては以下のように置き換えられるようにした。

va_list aq; va_copy(aq, ap); ... va_end(aq);

va_copy() が実行されるごとに、 対応する va_end() を同じ関数内で実行しなければならない。 この名前はまだ draft proposal なので、 va_copy() の代わりに __va_copy を用いるシステムもある。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
va_start(), va_end(), va_copy() Thread safetyMT-Safe
va_arg() Thread safetyMT-Safe race:ap
 

準拠

va_start(), va_arg(), va_end() マクロは C89 準拠である。 va_copy() は C99 で定義されている。  

バグ

Unlike the historical varargs macros, the stdarg macros do not permit programmers to code a function with no fixed arguments. This problem generates work mainly when converting varargs code to stdarg code, but it also creates difficulties for variadic functions that wish to pass all of their arguments on to a function that takes a va_list argument, such as vfprintf(3).  

関数 foo は書式文字からなる文字列を受け入れ、その書式文字に対応する型で可変個の 引き数を読み込み、印字する。

#include <stdio.h> #include <stdarg.h>

void foo(char *fmt, ...) /* '...' is C syntax for a variadic function */


 {
    va_list ap;
    int d;
    char c;
    char *s;


    va_start(ap, fmt);
    while (*fmt)
        switch (*fmt++) {
        case 's':              /* string */
            s = va_arg(ap, char *);
            printf("string %s\n", s);
            break;
        case 'd':              /* int */
            d = va_arg(ap, int);
            printf("int %d\n", d);
            break;
        case 'c':              /* char */
            /* need a cast here since va_arg only
               takes fully promoted types */
            c = (char) va_arg(ap, int);
            printf("char %c\n", c);
            break;
        }
    va_end(ap); }  

関連項目


 vprintf(3), vscanf(3), vsyslog(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
va_start()
va_arg()
va_end()
va_copy()
属性
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 11:55:26 GMT, May 01, 2021