TZSET

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2017-09-15
Index JM Home Page roff page
 

名前

tzset, tzname, timezone, daylight - 時刻の変換情報を初期化する  

書式

#include <time.h>

void tzset (void);

extern char *tzname[2];
extern long timezone;
extern int daylight;

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):


 tzset(): _POSIX_C_SOURCE

 tzname: _POSIX_C_SOURCE
timezone, daylight: _XOPEN_SOURCE
    || /* Glibc since 2.19: */ _DEFAULT_SOURCE
    || /* Glibc versions <= 2.19: */ _SVID_SOURCE  

説明

The tzset() function initializes the tzname variable from the TZ environment variable. This function is automatically called by the other time conversion functions that depend on the timezone. In a System-V-like environment, it will also set the variables timezone (seconds West of UTC) and daylight (to 0 if this timezone does not have any daylight saving time rules, or to nonzero if there is a time, past, present or future when daylight saving time applies).

TZ 環境変数が設定されていない場合には、 システムのタイムゾーンが使用される。 ステムのタイムゾーンを設定するには、 tzfile(5) 形式のファイルを /etc/localtime にコピーしたりリンクしたりする。 これらのファイルがあるタイムゾーンデータベースはシステムのタイムゾーンディレクトリ (ファイル の節を参照) に置かれている。

TZ 環境変数が存在しているが、その値が空だったり、 以下に示す形式のどれにもあてはまらない場合は、 協定世界時 (Coordinated Universal Time: UTC) が用いられる。

TZ の値は以下の 2 つの形式のいずれかを取ることができる。 最初の形式は、 使用するタイムゾーンを表す文字列を直接指定する方法である。


 std offset[dst[offset][,start[/time],end[/time]]]

There are no spaces in the specification. The std string specifies an abbreviation for the timezone and must be three or more alphabetic characters. When enclosed between the less-than (<) and greater-than (>) signs, the characters set is expanded to include the plus (+) sign, the minus (-) sign, and digits. The offset string immediately follows std and specifies the time value to be added to the local time to get Coordinated Universal Time (UTC). The offset is positive if the local timezone is west of the Prime Meridian and negative if it is east. The hour must be between 0 and 24, and the minutes and seconds 00 and 59:

[+|-]hh[:mm[:ss]]

dst 文字列と offset は、 対応するサマータイムゾーンの名前とオフセットを指定する。 オフセットが省略されると、デフォルトでは標準の一時間前となる。

start フィールドはサマータイムが有効になる時刻、 end フィールドは標準に戻る時刻である。 これらのフィールドは以下の形式で指定する。

Jn
年の通日 (Julian day) で日にちを指定する。 n は 1 から 365 の間の数値。閏日は計算に入らない。 この形式では、2 月 29 日を表現することはできず、 2 月 28 日が第 59 日で、3 月 1 日が常に第 60 日となる。
n
年の通日 (Julian day) で日にちを指定する。 n は 1 から 365 の間の数値。 閏年の場合も、2 月 29 日も日にちの計算に含められる。
Mm.w.d
m は月 (1 <= m <= 12) を、 w は月のうちの週 (1 <= w <= 5) を、 d は週のうちの日にち (0 <= d <= 6) を示す。 w = 1 は所属する d が存在する最初の週、 w = 5 は最後の週である。 d = 0 は日曜日である。

time フィールドは、ローカルタイムを切り替える時刻を、 変更前のローカルタイムで表したものである。 省略された場合のデフォルトは 02:00:00 である。

ニュージーランドの例である。 ニュージーランドでは、標準のタイムゾーン (NZST) は UTC より 12時間進んでおり、 サマータイム (NZDT) は UTC の 13時間進んでいる。 サマータイムは 10月の第一日曜から 3月の第三日曜までであり、 ローカルタイムの切り替えはデフォルトの 02:00:00 に行われる。


 TZ="NZST-12:00:00NZDT-13:00:00,M10.1.0,M3.3.0"

2 番目の形式は、タイムゾーンの情報をファイルから読み込むように指定する。


 :[filespec]

ファイルの指定 filespec が省略された場合、 もしくは指定された値が解釈できない場合、 協定標準時 (UTC; Coordinated Universal Time) が使用される。 指定された場合、 filespec はタイムゾーン情報を読み出す tzfile(5) 形式のファイルを指定する。 filespec が '/' で始まっていない場合には、 システムタイムゾーンディレクトリからの相対パスで ファイルが指定されたことになる。 コロンが省略された場合には、 上記の TZ の各形式での解釈を試みる。

例を挙げておく。もう一度ニュージーランドの例である。


 TZ=":Pacific/Auckland"  

環境変数

TZ
この変数が設定された場合、 その値がシステムで設定されたタイムゾーンより優先して使用される。
TZDIR
この変数が設定された場合、 その値がシステムで設定されたタイムゾーンデータベースのディレクトリパスより優先して使用される。
 

ファイル


 /etc/localtime
システムのタイムゾーンファイル。

 /usr/share/zoneinfo/
システムのタイムゾーンデータベースのディレクトリ。

 /usr/share/zoneinfo/posixrules
TZ 文字列で dst タイムゾーンが他に何の指定なしで単独で指定された場合、 このファイルが start/end のルールに使用される。 このファイルは tzfile(5) 形式である。 デフォルトでは、 ゾーン情報の Makefile でこのファイルは America/New_York にハードリンクされる。

上記は現在の標準のファイルの場所だが、 glibc のコンパイル時に変更できる。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性

 tzset()
Thread safetyMT-Safe env locale
 

準拠


 POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, SVr4, 4.3BSD.  

注意

4.3BSD には char *timezone(zone, dst) というルーチンがあり、これは 最初の引数 (UTC からの西向きの分数) に対応するタイムゾーンの名前を返す。 二番目の引数が 0 の場合は標準の名前が用いられ、 それ以外はサマータイム版の名前が用いられる。  

関連項目

date(1), gettimeofday(2), time(2), ctime(3), getenv(3), tzfile(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
環境変数
ファイル
属性
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:34 GMT, July 19, 2021