STPNCPY

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2019-03-06
Index JM Home Page roff page
 

名前

stpncpy - 固定長の文字列をコピーして、その最後へのポインターを返す  

書式

#include <string.h>

char *stpncpy(char *dest, const char *src, size_t n);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

stpncpy():

glibc 2.10 以降:
_POSIX_C_SOURCE >= 200809L
glibc 2.10 より前:
_GNU_SOURCE
 

説明

stpncpy() 関数は src が指している文字列から終端のヌルバイト ('\0') を含めて最大 n バイトを dest にコピーする。長さ strlen(src)n より小さい場合には dest の残りの 部分にはヌルバイト ('\0') 文字が埋められる。 長さ strlen(src)n 以上ならば、 dest が指す文字列はヌルで終端されていない。

二つの文字列は重なってはならない。

プログラマーは dest に少なくとも n バイトの空きがあることを 保証しなければならない。  

返り値

stpncpy() は dest の終端のヌルバイトを指すポインターを返すか、 dest がヌルバイトで終端されていない場合には dest+n を返す。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
stpncpy() Thread safetyMT-Safe
 

準拠

この関数は POSIX.1-2008 に追加された。 それ以前は GNU による拡張であった。 この関数は 1993 年に GNU C ライブラリのバージョン 1.07 で初めて登場した。  

関連項目

strncpy(3), wcpncpy(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:33 GMT, July 19, 2021