PTHREAD_SIGMASK

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-11-01
Index JM Home Page roff page
 

名前

pthread_sigmask - 禁止するシグナルマスクの確認と変更を行う  

書式

#include <signal.h>

int pthread_sigmask(int how, const sigset_t *set, sigset_t *oldset);

-pthread を付けてコンパイルとリンクを行う。

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

pthread_sigmask():

_POSIX_C_SOURCE >= 199506L || _XOPEN_SOURCE >= 500
 

説明

pthread_sigmask() 関数は sigprocmask(2) と全く同様だが、マルチスレッドプログラムでの利用が POSIX.1 で明示的に規定されている点が異なる。他の違いはこのマニュアルページで説明する。

この関数の引数と動作の説明は sigprocmask(2) を参照。  

返り値

成功すると、 pthread_sigmask() は 0 を返す。 エラーの場合、エラー番号を返す。  

エラー

sigprocmask(2) を参照。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
pthread_sigmask() Thread safetyMT-Safe
 

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008.  

注意

新しいスレッドは、スレッドを作成したスレッドのシグナルマスクのコピーを 継承する。

The glibc pthread_sigmask() function silently ignores attempts to block the two real-time signals that are used internally by the NPTL threading implementation. See nptl(7) for details.  

以下のプログラムは、メインスレッドでシグナルのいくつかを禁止 (block) するように設定を行い、 sigwait(3) 経由でそれらのシグナルを集める 専用のスレッドを作成する。 下記のシェルのセッションはその利用例を示したものである。

$ ./a.out & [1] 5423 $ kill -QUIT %1 Signal handling thread got signal 3 $ kill -USR1 %1 Signal handling thread got signal 10 $ kill -TERM %1 [1]+ Terminated ./a.out  

プログラムのソース

#include <pthread.h> #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <unistd.h> #include <signal.h> #include <errno.h>

/* Simple error handling functions */

#define handle_error_en(en, msg) \
        do { errno = en; perror(msg); exit(EXIT_FAILURE); } while (0)

static void * sig_thread(void *arg) {
    sigset_t *set = arg;
    int s, sig;


    for (;;) {
        s = sigwait(set, &sig);
        if (s != 0)
            handle_error_en(s, "sigwait");
        printf("Signal handling thread got signal %d\n", sig);
    } }

int main(int argc, char *argv[]) {
    pthread_t thread;
    sigset_t set;
    int s;


    /* Block SIGQUIT and SIGUSR1; other threads created by main()
       will inherit a copy of the signal mask. */


    sigemptyset(&set);
    sigaddset(&set, SIGQUIT);
    sigaddset(&set, SIGUSR1);
    s = pthread_sigmask(SIG_BLOCK, &set, NULL);
    if (s != 0)
        handle_error_en(s, "pthread_sigmask");


    s = pthread_create(&thread, NULL, &sig_thread, &set);
    if (s != 0)
        handle_error_en(s, "pthread_create");


    /* Main thread carries on to create other threads and/or do
       other work */


    pause();            /* Dummy pause so we can test program */ }  

関連項目

sigaction(2), sigpending(2), sigprocmask(2), pthread_attr_setsigmask_np(3), pthread_create(3), pthread_kill(3), sigsetops(3), pthreads(7), signal(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
準拠
注意
プログラムのソース
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:31 GMT, July 19, 2021