POSIX_OPENPT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-08-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

posix_openpt - 疑似端末 (pseudoterminal) デバイスをオープンする  

書式

#include <stdlib.h>
#include <fcntl.h>

int posix_openpt(int flags);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

posix_openpt(): _XOPEN_SOURCE >= 600  

説明

posix_openpt() 関数は使用されていない疑似端末マスタデバイスをオープンし、 そのデバイスを参照するために使うファイルディスクリプターを返す。

flags 引数は、以下のフラグのうち 0 個以上の OR をとったビットマスクである。

O_RDWR
読み書きのためにデバイスをオープンする。 普通はこのフラグを指定する。
O_NOCTTY
このデバイスをプロセスの制御端末としない。
 

返り値

成功した場合、 posix_openpt() は、未使用のファイルディスクリプターのうち最小の値のファイルディスクリプター (非負の整数) を返す。失敗した場合、-1 が返されて、エラーを示すために errno が設定される。  

エラー

open(2) を参照すること。  

バージョン

posix_openpt() の glibc でのサポートはバージョン 2.2.1 以降で提供されている。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
posix_openpt() Thread safetyMT-Safe
 

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008.

posix_openpt() は UNIX 98 疑似端末仕様の一部である。 pts(4) を参照。  

注意

System V (別名 UNIX 98) 疑似端末をサポートする古い UNIX 実装の中には、この関数を持たないものもあるが、以下のように擬似端末多重デバイスをオープンすることで簡単に実装できる。

int posix_openpt(int flags) {
    return open("/dev/ptmx", flags); }

posix_openpt() を呼び出すと、対応する擬似端末スレーブデバイスのパス 名が生成される。スレーブデバイスのパス名は ptsname(3) を使って取得 できる。スレーブデバイスのパス名はマスターデバイスがオープンされている 間だけ存在する。  

関連項目

open(2), getpt(3), grantpt(3), ptsname(3), unlockpt(3), pts(4), pty(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
属性
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:31 GMT, July 19, 2021