DRAND48_R

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-11-01
Index JM Home Page roff page
 

名前

drand48_r, erand48_r, lrand48_r, nrand48_r, mrand48_r, jrand48_r, srand48_r, seed48_r, lcong48_r - 一様分布する疑似乱数をリエントラント (reentrant) に生成する  

書式

#include <stdlib.h>

int drand48_r(struct drand48_data *buffer, double *result);

int erand48_r(unsigned short xsubi[3],
              struct drand48_data *buffer, double *result);

int lrand48_r(struct drand48_data *buffer, long *result);

int nrand48_r(unsigned short xsubi[3],
              struct drand48_data *buffer, long *result);

int mrand48_r(struct drand48_data *buffer,long *result);

int jrand48_r(unsigned short xsubi[3],
              struct drand48_data *buffer, long *result);

int srand48_r(long int seedval, struct drand48_data *buffer);

int seed48_r(unsigned short seed16v[3],
             struct drand48_data *buffer);

int lcong48_r(unsigned short param[7],
              struct drand48_data *buffer);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

All functions shown above:
    /* Glibc since 2.19: */ _DEFAULT_SOURCE
        || /* Glibc versions <= 2.19: */ _SVID_SOURCE || _BSD_SOURCE  

説明

これらの関数は drand48(3) で説明されている関数に類似するリエントラントな関数である。 大域的な乱数生成の状態を変更する代わりに、 これらの関数は指定されたデータ buffer を使う。

最初に使う前に、この構造体は初期化されていなければならない。 初期化は、たとえば 0 で埋めたり、関数 srand48_r(), seed48_r(), lcong48_r() のいずれかを呼び出すことによって行われる。  

返り値

返り値は 0 である。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
drand48_r(), erand48_r(), lrand48_r(), nrand48_r(), mrand48_r(), jrand48_r(), srand48_r(), seed48_r(), lcong48_r() Thread safetyMT-Safe race:buffer
 

準拠

これらの関数は GNU による拡張であり、移植性はない。  

関連項目

drand48(3), rand(3), random(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 11:55:20 GMT, May 01, 2021