LOG1P

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2017-09-15
Index JM Home Page roff page
 

名前

log1p, log1pf, log1pl - 引数に 1 を加えた値の対数  

書式

#include <math.h>

double log1p(double x);
float log1pf(float x);
long double log1pl(long double x);

-lm でリンクする。

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

log1p():

_ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L
    || _XOPEN_SOURCE >= 500
    || /* Since glibc 2.19: */ _DEFAULT_SOURCE
    || /* Glibc versions <= 2.19: */ _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE

log1pf(), log1pl():
_ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L
    || /* Since glibc 2.19: */ _DEFAULT_SOURCE
    || /* Glibc versions <= 2.19: */ _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE
 

説明

これらの関数は、以下と等価な値を返す。

    log (1 + x)

結果は、 x の値が 0 に近い場合でも正確となる方法で計算される。  

返り値

成功すると、これらの関数は (1 + x) の自然対数を返す。

x が NaN の場合、NaN が返される。

x が正の無限大の場合、正の無限大が返される。

x が -1 の場合、極エラー (pole error) が発生し、 各関数はそれぞれ -HUGE_VAL, -HUGE_VALF, -HUGE_VALL を返す。

x が -1 より小さい場合 (負の無限大も含む)、 領域エラー (domain error) が発生し、 NaN (not a number) が返される。  

エラー

これらの関数を呼び出した際にエラーが発生したかの判定方法についての情報は math_error(7) を参照のこと。

以下のエラーが発生する可能性がある。

領域エラー (domain error): x が -1 より小さい
errnoEDOM が設定される (「バグ」の節も参照)。 不正 (invalid) 浮動小数点例外 (FE_INVALID) が上がる。
極エラー (pole error): x が -1 である
errnoERANGE が設定される (「バグ」の節も参照)。 0 による除算 (divide-by-zero) 浮動小数点例外 (FE_DIVBYZERO) が上がる。
 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
log1p(), log1pf(), log1pl() Thread safetyMT-Safe
 

準拠

C99, POSIX.1-2001, POSIX.1-2008.  

バグ

バージョン 2.22 より前の glibc の実装では、 領域エラーが発生した際に、 errnoEDOM が設定されなかった。

バージョン 2.22 より前の glibc の実装では、 範囲エラーが発生した場合に、 errnoERANGE が設定されなかった。  

関連項目

exp(3), expm1(3), log(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:30 GMT, July 19, 2021