STATVFS

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2017-09-15
Index JM Home Page roff page
 

名前

statvfs, fstatvfs - ファイルシステムの統計を取得する  

書式

#include <sys/statvfs.h>

int statvfs(const char *path, struct statvfs *buf);
int fstatvfs(int fd, struct statvfs *buf);  

説明

関数 statvfs() はマウントされたファイルシステムについての情報を返す。 path はマウントされたファイルシステム中の任意のファイルのパス名である。 buf は、だいたい以下のように定義されている statvfs 構造体へのポインターである:

struct statvfs {
    unsigned long  f_bsize;    /* Filesystem block size */
    unsigned long  f_frsize;   /* Fragment size */
    fsblkcnt_t     f_blocks;   /* Size of fs in f_frsize units */
    fsblkcnt_t     f_bfree;    /* Number of free blocks */
    fsblkcnt_t     f_bavail;   /* Number of free blocks for
                                  unprivileged users */
    fsfilcnt_t     f_files;    /* Number of inodes */
    fsfilcnt_t     f_ffree;    /* Number of free inodes */
    fsfilcnt_t     f_favail;   /* Number of free inodes for
                                  unprivileged users */
    unsigned long  f_fsid;     /* Filesystem ID */
    unsigned long  f_flag;     /* Mount flags */
    unsigned long  f_namemax;  /* Maximum filename length */ };

ここで、型 fsblkcnt_tfsfilcnt_t<sys/types.h> で定義されている。 かつて、これらは共に unsigned long であった。

The field f_flag is a bit mask indicating various options that were employed when mounting this filesystem. It contains zero or more of the following flags:

ST_MANDLOCK
Mandatory locking is permitted on the filesystem (see fcntl(2)).
ST_NOATIME
Do not update access times; see mount(2).
ST_NODEV
Disallow access to device special files on this filesystem.
ST_NODIRATIME
Do not update directory access times; see mount(2).
ST_NOEXEC
Execution of programs is disallowed on this filesystem.
ST_NOSUID
The set-user-ID and set-group-ID bits are ignored by exec(3) for executable files on this filesystem
ST_RDONLY
This filesystem is mounted read-only.
ST_RELATIME
Update atime relative to mtime/ctime; see mount(2).
ST_SYNCHRONOUS
Writes are synched to the filesystem immediately (see the description of O_SYNC in open(2)).

返された構造体の全てのメンバが全てのファイルシステムで 意味のある値であるか否かは、指定されていない。

fstatvfs() は、ディスクリプター fd で参照されるオープンされたファイルについて、同じ情報を返す。  

返り値

成功した場合、0 が返される。 失敗した場合、 -1 が返され、 errno に適切な値がセットされる。  

エラー

EACCES
(statvfs() の場合) path のディレクトリ部分に検索許可が与えられていない (path_resolution(7) も参照すること)。
EBADF
(fstatvfs() の場合) fd が有効なオープンファイルディスクリプターではない。
EFAULT
buf または path が無効なアドレスを指している。
EINTR
この呼び出しがシグナルで中断された。 signal(7) 参照。
EIO
ファイルシステムからの読み込みの間に I/O エラーが発生した。
ELOOP
(statvfs() の場合) path にシンボリックリンクが多すぎる。
ENAMETOOLONG
(statvfs() の場合) path が長すぎる。
ENOENT
(statvfs() の場合) path で参照されるファイルが存在しない。
ENOMEM
十分なカーネルメモリーがない。
ENOSYS
ファイルシステムがこの呼び出しをサポートしていない。
ENOTDIR
(statvfs() の場合) path のディレクトリ部分がディレクトリでない。
EOVERFLOW
いくつかの値が大き過ぎて、返り値の構造体で表現できない。
 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
statvfs(), fstatvfs() Thread safetyMT-Safe
 

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008.

Only the ST_NOSUID and ST_RDONLY flags of the f_flag field are specified in POSIX.1. To obtain definitions of the remaining flags, one must define _GNU_SOURCE.  

注意

Linux カーネルには、このライブラリコールをサポートするために、 statfs(2), fstatfs(2) システムコールがある。

In glibc versions before 2.13, statvfs() populated the bits of the f_flag field by scanning the mount options shown in /proc/mounts. However, starting with Linux 2.6.36, the underlying statfs(2) system call provides the necessary information via the f_flags field, and since glibc version 2.13, the statvfs() function will use information from that field rather than scanning /proc/mounts.

The glibc implementations of

pathconf(path, _PC_REC_XFER_ALIGN); pathconf(path, _PC_ALLOC_SIZE_MIN); pathconf(path, _PC_REC_MIN_XFER_SIZE);

respectively use the f_frsize, f_frsize, and f_bsize fields returned by a call to statvfs() with the argument path.  

関連項目

statfs(2)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:33 GMT, July 19, 2021