EXEC

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2019-08-02
Index JM Home Page roff page
 

名前

execl, execlp, execle, execv, execvp, execvpe - ファイルを実行する  

書式

#include <unistd.h>

extern char **environ;

int execl(const char *pathname, const char *arg, ...
/* (char  *) NULL */);
int execlp(const char *file, const char *arg, ...
/* (char  *) NULL */);
int execle(const char *pathname, const char *arg, ...
                /*, (char *) NULL, char *const envp[] */);
int execv(const char *pathname, char *const argv[]);
int execvp(const char *file, char *const argv[]);
int execvpe(const char *file, char *const argv[],
                char *const envp[]);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

execvpe(): _GNU_SOURCE  

説明

The exec() family of functions replaces the current process image with a new process image. The functions described in this manual page are layered on top of execve(2). (See the manual page for execve(2) for further details about the replacement of the current process image.)

これらの関数の最初の引き数は、実行されるファイルの名前である。

The functions can be grouped based on the letters following the "exec" prefix.  

l - execl(), execlp(), execle()

const char *arg とそれに続く省略部分は arg0, arg1, ..., argn とみなされる。 これらには、実行されるプログラムで利用可能な引き数のリストを指定する (引き数のリストは ヌルで終端された文字列へのポインターから構成される)。 慣習として、最初の引き数は、実行されるファイル名 へのポインターにする。引き数のリストは必ず NULL で終わらなければならず、これらの関数は可変長引き数関数なので、 このポインターは (char *) NULL とキャストしなければならない。

By contrast with the 'l' functions, the 'v' functions (below) specify the command-line arguments of the executed program as a vector.  

v - execv(), execvp(), execvpe()

The char *const argv[] argument is an array of pointers to null-terminated strings that represent the argument list available to the new program. The first argument, by convention, should point to the filename associated with the file being executed. The array of pointers must be terminated by a null pointer.  

e - execle(), execvpe()

The environment of the caller is specified via the argument envp. The envp argument is an array of pointers to null-terminated strings and must be terminated by a null pointer.

All other exec() functions (which do not include 'e' in the suffix) take the environment for the new process image from the external variable environ in the calling process.  

p - execlp(), execvp(), execvpe()

These functions duplicate the actions of the shell in searching for an executable file if the specified filename does not contain a slash (/) character. The file is sought in the colon-separated list of directory pathnames specified in the PATH environment variable. If this variable isn't defined, the path list defaults to a list that includes the directories returned by confstr(_CS_PATH) (which typically returns the value "/bin:/usr/bin") and possibly also the current working directory; see NOTES for further details.

指定されたファイル名がスラッシュを含む場合、 PATH は無視され、指定されたパス名のファイルが実行される。

さらに、いくつかのエラーは特別に処理される。

ファイルが実行ファイルでない場合 (このとき呼び出そうとした execve(2) はエラー EACCES で失敗する)、これらの関数は残りの検索パスの検索を続ける。 他にファイルが見つからなくなった場合 errnoEACCES を設定し復帰する。

ファイルのヘッダーが実行形式として認識できない場合 (このとき呼び出そうとした execve(2) はエラー ENOEXEC で失敗する)、これらの関数はそのファイルを最初の引き数としたシェル (/bin/sh) を実行する (これにも失敗した場合、これ以上の検索は行われない)。

All other exec() functions (which do not include 'p' in the suffix) take as their first argument a (relative or absolute) pathname that identifies the program to be executed.  

返り値

exec() 群の関数が復帰するのは、エラーが発生した場合のみである。 返り値は -1 で、 errno にエラーの内容がセットされる。  

エラー

これら全ての関数は失敗する場合がある。その場合、 execve(2) に対して規定されたエラーが errno に設定される。  

バージョン

execvpe() 関数は glibc 2.11 で初めて登場した。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
execl(), execle(), execv() Thread safetyMT-Safe
execlp(), execvp(), execvpe() Thread safetyMT-Safe env
 

準拠

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008.

execvpe() 関数は GNU による拡張である。  

注意

The default search path (used when the environment does not contain the variable PATH) shows some variation across systems. It generally includes /bin and /usr/bin (in that order) and may also include the current working directory. On some other systems, the current working is included after /bin and /usr/bin, as an anti-Trojan-horse measure. The glibc implementation long followed the traditional default where the current working directory is included at the start of the search path. However, some code refactoring during the development of glibc 2.24 caused the current working directory to be dropped altogether from the default search path. This accidental behavior change is considered mildly beneficial, and won't be reverted.

ファイルを実行しようとしている間にエラーが発生した時の execlp() と execvp() のふるまいについて歴史的な慣習はあるが、伝統的に文書として記載されておらず、 POSIX 標準でも規定されていない。BSD (またおそらく他のシステム) では、 ETXTBSY が発生した場合、自動的に中断 (sleep) し再試行を行う。 Linux はそれをハードエラーとして取り扱い即座に復帰する。

伝統的に、関数 execlp() と execvp() は、上で説明したエラーと、これら 2 つの関数自身が返す ENOMEME2BIG 以外の全てのエラーを無視していたが、 今では、上で説明した以外のエラーが発生した場合でも、 返ってくるよう変更された。  

バグ

Before glibc 2.24, execl() and execle() employed realloc(3) internally and were consequently not async-signal-safe, in violation of the requirements of POSIX.1. This was fixed in glibc 2.24.  

アーキテクチャー固有の詳細

On sparc and sparc64, execv() is provided as a system call by the kernel (with the prototype shown above) for compatibility with SunOS. This function is not employed by the execv() wrapper function on those architectures.  

関連項目


 sh(1), execve(2), execveat(2), fork(2), ptrace(2), fexecve(3), system(3), environ(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
l - execl(), execlp(), execle()
v - execv(), execvp(), execvpe()
e - execle(), execvpe()
p - execlp(), execvp(), execvpe()
返り値
エラー
バージョン
属性
準拠
注意
バグ
アーキテクチャー固有の詳細
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 11:55:20 GMT, May 01, 2021