ERRNO

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-11-01
Index JM Home Page roff page
 

名前

errno - 直近に発生したエラーの番号  

書式

#include <errno.h>  

説明

ヘッダーファイル <errno.h> で整数型の変数 errno が定義されており、 システムコールやいくつかのライブラリ関数は、エラーが発生した際に この変数にその原因を示す値を設定する。  

errno

errno の値は呼び出しの返り値がエラー (ほとんどのシステムコールでは -1 で、ほとんどのライブラリ関数では -1 か NULL) を示したときにのみ意味を持つが、関数は成功した場合も errno を変更することが「許されている」。どのシステムコールもライブラリ関数も errno の値を 0 に設定することはない。

いくつかのシステムコールやライブラリ関数 (例えば getpriority(2)) では、成功した場合の有効な返り値として -1 が返されることがある。 このような場合、成功なのかエラーなのかを区別するためには、 呼び出しの前に errno を 0 に設定しておけばよい。呼び出しの返り値がエラー発生の可能性を 示すものだった場合には、 errno が 0 以外の値かを見て確認すればよい。

errno は、ISO C standard で int 型の変更可能な左辺値 として定義されており、明示的に宣言を行ってはならない; errno はマクロの場合もありえる。 errno はスレッド毎に値を持つ。 つまりあるスレッドで errno が設定されても、 他のスレッドの errno には影響しない。  

エラー番号とエラー名

有効なエラー番号はすべて正の数字である。ヘッダーファイル <errno.h> で、 errno で使われる可能性のあるすべてのエラー番号に対してシンボル名が定義されている。

POSIX.1 で定義されているすべてのエラー名には、 それぞれ異なる値が対応していなければならない。 但し、 EAGAINEWOULDBLOCK は例外で、これらは同じ値を持ってもよい。 Linux では、すべてのアーキテクチャーでこれら二つは同じ値である。

各シンボル名に対応するエラー番号は UNIX システムにより異なり、 Linux ではアーキテクチャーによっても異なっている。したがって、数値は以下のエラー名の一覧には含まれていない。関数 perror(3) と strerror(3) を使うと、これらの名前を、対応するテキストのエラーメッセージに変換できる。

各 Linux システムでは、 errno(1) コマンド (moreutils パッケージに含まれている) を使って、すべてのエラーのシンボル名と対応するエラー番号の一覧を取得できる。

$ errno -l EPERM 1 Operation not permitted ENOENT 2 No such file or directory ESRCH 3 No such process EINTR 4 Interrupted system call EIO 5 Input/output error ...

errno(1) コマンドを使うと、個々のエラー番号やエラー名を調べたり、エラーの説明に対する文字列検索でエラーを検索したりできる。以下に例を示す。

$ errno 2 ENOENT 2 No such file or directory $ errno ESRCH ESRCH 3 No such process $ errno -s permission EACCES 13 Permission denied  

エラー名の一覧

以下のエラーのシンボル名の一覧で、シンボル名に付いている注記は以下の通りである。
*
POSIX.1-2001: 名前が POSIX.1-2001 とそれ以降のバージョンの POSIX.1 で定義されている。但し書きがある場合を除く。
*
POSIX.1-2008: 名前が POSIX.1-2008 で定義されているが、それ以前の POSIX.1 標準には存在しない。
*
C99: 名前が C99 で定義されている。

以下は Linux で定義されているエラーのシンボル名の一覧である。

E2BIG
引数リストが長過ぎる (POSIX.1-2001)
EACCES
許可がない (POSIX.1-2001)
EADDRINUSE
アドレスがすでに使用されている (POSIX.1-2001)
EADDRNOTAVAIL
アドレスが使用できない (POSIX.1-2001)
EAFNOSUPPORT
アドレスファミリーがサポートされていない (POSIX.1-2001)
EAGAIN
リソースが一時的に利用不可 (EWOULDBLOCK と同じ値でもよい) (POSIX.1-2001)
EALREADY
接続が既に処理中である (POSIX.1-2001)
EBADE
不正なやり取り (exchange) である
EBADF
ファイルディスクリプターが不正である (POSIX.1-2001)
EBADFD
ファイルディスクリプターが不正な状態である
EBADMSG
メッセージが不正である (POSIX.1-2001)
EBADR
不正なリクエストディスクリプター
EBADRQC
不正なリクエストコード
EBADSLT
不正なスロット
EBUSY
リソースが使用中である (POSIX.1-2001)
ECANCELED
操作がキャンセルされた (POSIX.1-2001)
ECHILD
子プロセスがない (POSIX.1-2001)
ECHRNG
チャンネル番号が範囲外である
ECOMM
送信時に通信エラーが発生した
ECONNABORTED
接続が異常終了した (POSIX.1-2001)
ECONNREFUSED
接続が拒否された (POSIX.1-2001)
ECONNRESET
接続がリセットされた (POSIX.1-2001)
EDEADLK
リソースのデッドロックを回避した (POSIX.1-2001)
EDEADLOCK
ほとんどのアーキテクチャーでは、 EDEADLK の同義語である。いくつかのアーキテクチャー (Linux MIPS, PowerPC, SPARC など) では、別のエラーコード "File locking deadlock error" である。
EDESTADDRREQ
宛先アドレスが必要である (POSIX.1-2001)
EDOM
数学関数で引数が領域外 (out of domain) である (POSIX.1, C99)
EDQUOT
ディスククォータ (quota) を超過した (POSIX.1-2001)
EEXIST
ファイルが存在する (POSIX.1-2001)
EFAULT
アドレスが不正である (POSIX.1-2001)
EFBIG
ファイルが大き過ぎる (POSIX.1-2001)
EHOSTDOWN
ホストがダウンしている
EHOSTUNREACH
ホストに到達不能である (POSIX.1-2001)
EHWPOISON
メモリーページにハードウェアエラーがある
EIDRM
識別子が削除された (POSIX.1-2001)
EILSEQ
無効もしくは不完全なマルチバイト文字、ワイド文字である (POSIX.1, C99).
ここに表示しているテキストは glibc のエラーの説明である。 POSIX.1-2001 では、このエラーの説明は「不正なバイトシーケンス」("Illegal byte sequence") となっている。
EINPROGRESS
操作が実行中である (POSIX.1-2001)
EINTR
関数呼び出しが割り込まれた (POSIX.1-2001); signal(7) 参照。
EINVAL
引数が無効である (POSIX.1-2001)
EIO
入出力エラー (POSIX.1-2001)
EISCONN
ソケットが接続されている (POSIX.1-2001)
EISDIR
ディレクトリである (POSIX.1-2001)
EISNAM
名前付きのファイルである
EKEYEXPIRED
鍵が期限切れとなった
EKEYREJECTED
鍵がサーバにより拒否された
EKEYREVOKED
鍵が無効となった
EL2HLT
停止 (レベル 2)
EL2NSYNC
同期できていない (レベル 2)
EL3HLT
停止 (レベル 3)
EL3RST
停止 (レベル 3)
ELIBACC
必要な共有ライブラリにアクセスできなかった
ELIBBAD
壊れた共有ライブラリにアクセスしようとした
ELIBMAX
リンクしようとした共有ライブラリが多過ぎる
ELIBSCN
a.out の .lib セクションが壊れている (corrupted)
ELIBEXEC
共有ライブラリを直接実行できなかった
ELNRANGE
リンク番号が範囲外である
ELOOP
シンボリックリンクの回数が多過ぎる (POSIX.1-2001)
EMEDIUMTYPE
間違ったメディア種別である
EMFILE
オープンしているファイルが多過ぎる (POSIX.1-2001)。 通常は getrlimit(2) に説明があるリソース上限 RLIMIT_NOFILE を超過した場合に発生する。 /proc/sys/fs/nr_open で指定された上限を超過した場合にも発生する。
EMLINK
リンクが多過ぎる (POSIX.1-2001)
EMSGSIZE
メッセージが長過ぎる (POSIX.1-2001)
EMULTIHOP
マルチホップ (multihop) を試みた (POSIX.1-2001)
ENAMETOOLONG
ファイル名が長過ぎる (POSIX.1-2001)
ENETDOWN
ネットワークが不通である (POSIX.1-2001)
ENETRESET
接続がネットワーク側から中止された (POSIX.1-2001)
ENETUNREACH
ネットワークが到達不能である (POSIX.1-2001)
ENFILE
システムでオープンされたファイルが多すぎる (POSIX.1-2001)。 Linux では、たいてい /proc/sys/fs/file-max 上限に達した結果である (proc(5) を参照)。
ENOANO
anode がない
ENOBUFS
使用可能なバッファー空間がない (POSIX.1 (XSI STREAMS オプション))
ENODATA
ストリームの読み出しキューの先頭に読み出し可能なメッセージがない (POSIX.1-2001)
ENODEV
そのようなデバイスはない (POSIX.1-2001)
ENOENT
そのようなファイルやディレクトリはない (POSIX.1-2001)
通常は、このエラーは、指定されたパス名が存在しないか、パス名のディレクトリプレフィックスの構成要素のいずれかが存在しないか、指定されたパス名が壊れた (dangling) シンボリックリンク、の場合に発生する。
ENOEXEC
実行ファイル形式のエラー (POSIX.1-2001)
ENOKEY
要求された鍵が利用できない
ENOLCK
利用できるロックがない (POSIX.1-2001)
ENOLINK
リンクが切れている (POSIX.1-2001)
ENOMEDIUM
メディアが見つからない
ENOMEM
十分な空きメモリー領域がない/メモリを割り当てることができない (POSIX.1-2001)
ENOMSG
要求された型のメッセージが存在しない (POSIX.1-2001)
ENONET
マシンがネットワーク上にない
ENOPKG
パッケージがインストールされていない
ENOPROTOOPT
指定されたプロトコルが利用できない (POSIX.1-2001)
ENOSPC
デバイスに空き領域がない (POSIX.1-2001)
ENOSR
指定されたストリームリソースが存在しない (POSIX.1 (XSI STREAMS オプション))
ENOSTR
ストリームではない (POSIX.1 (XSI STREAMS オプション))
ENOSYS
関数が実装されていない (POSIX.1-2001)
ENOTBLK
ブロックデバイスが必要である
ENOTCONN
ソケットが接続されていない (POSIX.1-2001)
ENOTDIR
ディレクトリではない (POSIX.1-2001)
ENOTEMPTY
ディレクトリが空ではない (POSIX.1-2001)
ENOTRECOVERABLE
状態が復元不可能である (POSIX.1-2008)
ENOTSOCK
ソケットではない (POSIX.1-2001)
ENOTSUP
操作がサポートされていない (POSIX.1-2001)
ENOTTY
I/O 制御操作が適切でない (POSIX.1-2001)
ENOTUNIQ
名前がネットワークで一意ではない
ENXIO
そのようなデバイスやアドレスはない (POSIX.1-2001)
EOPNOTSUPP
ソケットでサポートしていない操作である (POSIX.1-2001)
(Linux では ENOTSUPEOPNOTSUPP は同じ値を持つが、 POSIX.1 に従えば両者のエラー値は区別されるべきである。)
EOVERFLOW
指定されたデータ型に格納するには値が大き過ぎる (POSIX.1-2001)
EOWNERDEAD
所有者が死んでいる (POSIX.1-2008)
EPERM
操作が許可されていない (POSIX.1-2001)
EPFNOSUPPORT
サポートされていないプロトコルファミリーである
EPIPE
パイプが壊れている (POSIX.1-2001)
EPROTO
プロトコルエラー (POSIX.1-2001)
EPROTONOSUPPORT
プロトコルがサポートされていない (POSIX.1-2001)
EPROTOTYPE
ソケットに指定できないプロトコルタイプである (POSIX.1-2001)
ERANGE
結果が大き過ぎる (POSIX.1, C99)
EREMCHG
リモートアドレスが変わった
EREMOTE
オブジェクトがリモートにある
EREMOTEIO
リモート I/O エラー
ERESTART
システムコールが中断され再スタートが必要である
ERFKILL
RF-kill のため操作不可能
EROFS
読み出し専用のファイルシステムである (POSIX.1-2001)
ESHUTDOWN
通信相手がシャットダウンされて送信できない
ESPIPE
無効なシーク (POSIX.1-2001)
ESOCKTNOSUPPORT
サポートされていないソケット種別である
ESRCH
そのようなプロセスはない (POSIX.1-2001)
ESTALE
ファイルハンドルが古い状態になっている (POSIX.1-2001)
NFS や他のファイルシステムで起こりうる。
ESTRPIPE
ストリームパイプエラー
ETIME
時間が経過した (POSIX.1 (XSI STREAMS option))
(POSIX.1 では "STREAM ioctl(2) timeout" と書かれている)
ETIMEDOUT
操作がタイムアウトした (POSIX.1-2001)
ETOOMANYREFS
参照が多すぎる: 接合できない
ETXTBSY
テキストファイルが使用中である (POSIX.1-2001)
EUCLEAN
データ構造をきれいにする必要がある
EUNATCH
プロトコルのドライバが付与 (attach) されていない
EUSERS
ユーザー数が多過ぎる
EWOULDBLOCK
操作がブロックされる見込みである (EAGAIN と同じ値でもよい) (POSIX.1-2001)
EXDEV
不適切なリンク (POSIX.1-2001)
EXFULL
変換テーブルが一杯である
 

注意

以下はよくやる間違いである。

if (somecall() == -1) {
    printf("somecall() failed\n");
    if (errno == ...) { ... } }

このようにすると、参照している時点では errno はもはや somecall() から返された値を保持しているとは限らない (printf(3) により変更されているかもしれない)。 ライブラリコールをまたいで errno の値を保存したい場合は、以下のように保存しなければならない:

if (somecall() == -1) {
    int errsv = errno;
    printf("somecall() failed\n");
    if (errsv == ...) { ... } }

POSIX スレッド API は、エラーの場合に errno を設定「しない」点に注意すること。代わりに、エラーの場合、関数の結果としてエラー番号が返される。これらのエラー番号は、他の API で errno で返されるエラー番号と同じ意味を持つ。

いくつかの古いシステムでは、 <errno.h> は存在しなかったり、 errno を定義していなかった。そのため、 errno を手動で (extern int errno のように) 定義する必要があった。このようなことはしないこと。ずっと以前にこのようにする必要はなくなっており、最近のバージョンの C ライブラリでは問題になるからである。  

関連項目

errno(1), err(3), error(3), perror(3), strerror(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
errno
エラー番号とエラー名
エラー名の一覧
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, July 19, 2021