CRYPT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2018-04-30
Index JM Home Page roff page
 

名前

crypt, crypt_r - パスワードとデータの暗号化  

書式

#define _XOPEN_SOURCE       /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <unistd.h>

char *crypt(const char *key, const char *salt);

 #define _GNU_SOURCE         /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <crypt.h>

char *crypt_r(const char *key, const char *salt,
              struct crypt_data *data);

-lcrypt でリンクする。  

説明

crypt() はパスワード暗号化関数である。 鍵探索のハードウェアによる実装を妨げるように(その他にもいろいろ) 変更した Data Encryption Standard アルゴリズムを元にしている。

key はユーザーが入力するパスワードである。

salt は集合 [a-zA-Z0-9./] から選ばれた 2 文字の文字列である。 この文字列はアルゴリズムの出力を 4096 通りにかき乱すのに使われる。

key の最初の 8 文字の各文字から下位 7 ビットをとって 56 ビットの鍵が得られる。 この 56 ビットの鍵は特定の文字列(ふつうはすべて 0 の文字列) を繰り返し暗号化するのに用いられる。 返り値は暗号化されたパスワードへのポインターで、13 の印字可能な ASCII 文字 からなる(最初の 2 文字は salt そのもの)。 返り値は、関数呼出しのたびに上書きされる静的なデータへのポインターである。

警告: 鍵空間は 2**56 = 7.2e16 の可能な値から成る。 この鍵空間の全探索は強力な並列計算機を使えば可能である。また crack(1) のようなソフトウェアはこの鍵空間の中で、多くの人にパスワードとして 使われるような鍵についての全探索が可能である。 それゆえ、パスワードを選択するときには、すくなくとも、 一般的に使われる単語と名前は避けるべきである。 passwd(1) を使う時にはクラックされうるパスワードについての検査をすることが 推奨される。

DES アルゴリズムにはいくつかの癖があり、それによってパスワード認証以外に crypt() を使うのはたいへんよくない選択となっている。もし crypt() を暗号プロジェクトに使おうという案をもっているならば、それはやめたほうが よい。暗号化についてのよい本と誰でも入手できる DES ライブラリのひとつを 手にいれるべきだ。

crypt_r() は crypt() の再入可能版である。 data で示される構造体は結果データの保存と情報の管理に使われる。 この構造体に対して(メモリーを割り当てること以外に)呼び出し元がするべき唯一の ことは、 crypt_r() の初回の呼び出しの前に data->initialized をゼロにすることだけである。  

返り値

成功の場合には、暗号化されたパスワードへのポインターが返される。 エラーの場合には NULL が返される。  

エラー

EINVAL
salt が間違ったフォーマットである。
ENOSYS
crypt() 関数が実装されていない。多分アメリカの輸出規制のために。
EPERM
/proc/sys/crypto/fips_enabled が 0 でない値で、 DES などの弱い暗号タイプを利用しようとした。
 

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
crypt() Thread safetyMT-Unsafe race:crypt
crypt_r() Thread safetyMT-Safe
 

準拠

crypt(): POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, SVr4, 4.3BSD. crypt_r() は GNU 拡張である。  

注意

 

Availability in glibc

The crypt(), encrypt(3), and setkey(3) functions are part of the POSIX.1-2008 XSI Options Group for Encryption and are optional. If the interfaces are not available, then the symbolic constant _XOPEN_CRYPT is either not defined, or it is defined to -1 and availability can be checked at run time with sysconf(3). This may be the case if the downstream distribution has switched from glibc crypt to libxcrypt. When recompiling applications in such distributions, the programmer must detect if _XOPEN_CRYPT is not available and include <crypt.h> for the function prototypes; otherwise libxcrypt is an ABI-compatible drop-in replacement.  

Features in glibc

この関数の glibc 版は追加の暗号化アルゴリズムに対応している。

If salt is a character string starting with the characters "$id$" followed by a string optionally terminated by "$", then the result has the form:

$id$salt$encrypted

DES を使う代わりに、 id で使用する暗号化手法を識別し、これがパスワード文字列の残りの部分を解釈する 方法を決定する。 id の値として、以下の値に対応している:

ID | Method

1 | MD5
2a | Blowfish (本流の glibc には入っていない;
| いくつかの Linux ディストリビューションで追加されている)
5 | SHA-256 (glibc 2.7 以降)
6 | SHA-512 (glibc 2.7 以降)

Thus, $5$salt$encrypted and $6$salt$encrypted contain the password encrypted with, respectively, functions based on SHA-256 and SHA-512.

"salt" stands for the up to 16 characters following "$id$" in the salt. The "encrypted" part of the password string is the actual computed password. The size of this string is fixed:
MD5 | 22 characters
SHA-256 | 43 characters
SHA-512 | 86 characters

"salt" と "encrypted" の文字は [a-zA-Z0-9./] の集合から 選ばれる。 MD5 と SHA の実装では、 key 全体が意味がある (DES の場合には最初の 8 文字だけに意味がある)。

Since glibc 2.7, the SHA-256 and SHA-512 implementations support a user-supplied number of hashing rounds, defaulting to 5000. If the "$id$" characters in the salt are followed by "rounds=xxx$", where xxx is an integer, then the result has the form

$id$rounds=yyy$salt$encrypted

where yyy is the number of hashing rounds actually used. The number of rounds actually used is 1000 if xxx is less than 1000, 999999999 if xxx is greater than 999999999, and is equal to xxx otherwise.  

関連項目

login(1), passwd(1), encrypt(3), getpass(3), passwd(5)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
属性
準拠
注意
Availability in glibc
Features in glibc
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, July 19, 2021