ABORT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2020-06-09
Index JM Home Page roff page
 

名前

abort - プロセスの異常終了を生じさせる  

書式

#include <stdlib.h>

void abort(void);
 

説明

abort() 関数は、まず SIGABRT の禁止 (block) を解除してから、 (raise(3) が呼び出されたかのように) 呼び出し元のプロセスに SIGABRT シグナルを上げる。その結果、 SIGABRT シグナルが捕捉 (caught) されていて、対応するシグナルハンドラーが返って来ない場合 (longjmp(3) 参照) 以外は、プログラムの異常終了が起こる。

SIGABRT シグナルが無視されている場合や返って来るシグナルハンドラーで捕捉されている場合であっても、 abort() 関数はそのプロセスを終了する。 SIGABRT シグナルに対する処理方法をデフォルトに戻してから、再度 SIGABRT シグナルを上げることで、このような動作になる。  

返り値

abort() 関数が返ることはない。  

属性

この節で使用されている用語の説明については、 attributes(7) を参照。
インターフェース属性
abort() Thread safetyMT-Safe
 

準拠

SVr4, POSIX.1-2001, POSIX.1-2008, 4.3BSD, C89, C99.  

注意

glibc 2.26 以前は、 abort() 関数によってプロセスの終了が引き起こされたときには、すべての開いているストリームは (close(3) で) 閉じられフラッシュされる。しかしながら、この動作はデッドロックやデータ破壊につながる場合がある。そのため、 glibc 2.27 以降では、 abort() はストリームをフラッシュせずにプロセスを終了する。 POSIX.1-2001 ではどちらの動作も認めており、「abort() にはすべてのオープンされたストリームに対して fclose() を行おうとする処理が含まれていてもよい」 ("abort() may include an attempt to effect fclose() on all open streams") と書かれている。  

関連項目

gdb(1), sigaction(2), assert(3), exit(3), longjmp(3), raise(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
属性
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:26 GMT, July 19, 2021