PIVOT_ROOT

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2012-07-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

pivot_root - root ファイルシステムを変更する  

書式

int pivot_root(const char *new_root, const char *put_old);

: このシステムコールには glibc のラッパー関数は存在しない。「注意」の節を参照。  

説明

pivot_root() は呼び出し元のプロセスの root ファイルシステムを put_old ディレクトリに移動し、 new_root を呼び出し元のプロセスの新しい root ファイルシステムにする。

pivot_root() の典型的な利用法は、システムの起動中にシステムが一時的な root ファイルシステム (例えば initrd) をマウントし、これに続いて本当の root ファイルシステムをマウントし、 後者を必要な全てのプロセス・スレッドの カレント root に変更するような場合である。

古い root ディレクトリを使っていた全てのプロセスやスレッドの カレント root とカレントワーキングディレクトリを、 pivot_root() が変更するかどうかはわからない。 pivot_root() の呼びだしプロセスは、古い root やカレントワーキングディレクトリを使っていた プロセスが、いずれの場合でも正しく動作することを保証しなければならない。 これを簡単に行うには、それらのプロセスの root と カレントワーキングディレクトリを pivot_root() を呼び出す前に new_root に変更しておくことである。

上記の段落は、将来 pivot_root() が変更されるかも知れないことを鑑みて、わざと曖昧に書いてある。 本ページを記述している時点では、 pivot_root() は古い root ディレクトリを用いている全てのプロセス・スレッドの root と カレントワーキングディレクトリを new_root に変更する。これはカーネルのスレッドが古い root ディレクトリを busy 状態にしないために必要である。これらのスレッドが 古いディレクトリを root やカレントワーキングディレクトリとしていると、 ファイルシステムに一切アクセスしない場合でも 古い root が busy になってしまうからである。 将来は、カーネルスレッドがあらゆるファイルシステムへのアクセスを 明示的に放棄するメカニズムができ、このでしゃばりな機能は pivot_root() から削除されるかもしれない。

これは呼び出し元のプロセスについても当てはまることに注意。 pivot_root() がカレントプロセスのカレントワーキングディレクトリに影響するかどうかは 分からない。したがって pivot_root() の直後に chdir("/") を呼び出すとよい。

new_root および put_old には以下の制限がある:

-
ディレクトリでなければならない。
-
new_rootput_old は現在の root と同じファイルシステムにあってはならない。
-
put_oldnew_root 以下になければならない。すなわち put_old を差す文字列に 1 個以上の ../ を付けることによって new_root と同じディレクトリが得られなければならない。
-
他のファイルシステムが put_old にマウントされていてはならない。

利用例については pivot_root(8) を参照のこと。

現在の root がマウントポイントではない (chroot(2) や pivot_root() の後など。以下も参照) 場合、 古い root ディレクトリではなく、 そのファイルシステムのマウントポイントが put_old にマウントされる。

new_root はマウントポイントでなくてもよい。 この場合 /proc/mounts は、 new_root を root (/) とするファイルシステムのマウントポイントを表示する。  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

pivot_root() は stat(2) の返すあらゆるエラーを (errno に) 返す可能性がある。さらに以下を返すことがある:
EBUSY
new_root または put_old が、現在の root ファイルシステム上にあるか、既に put_old になんらかのファイルシステムがマウントされている。
EINVAL
put_oldnew_root の下層にない。
ENOTDIR
new_root または put_old がディレクトリでない。
EPERM
呼び出し元のプロセスが CAP_SYS_ADMIN ケーパビリティを持っていない。
 

バージョン

pivot_root() は Linux 2.3.41 で導入された。  

準拠

pivot_root() は Linux に固有のものなので、移植性はない。  

注意

glibc はこのシステムコールに対するラッパー関数を提供していない。 syscall(2) を使って呼び出すこと。  

バグ

pivot_root() はシステムの他のプロセス全ての root と カレントワーキングディレクトリとを変更しなくてもよいはずである。

pivot_root() の使い方がもうちょっと曖昧になると、 あっという間にわけのわからない状態になってしまうだろう  

関連項目

chdir(2), chroot(2), stat(2), initrd(4), pivot_root(8)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:26 GMT, March 14, 2017