NFSSERVCTL

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-11-01
Index JM Home Page roff page
 

名前

nfsservctl - カーネル nfs デーモンのためのインターフェース  

書式

#include <linux/nfsd/syscall.h>

long nfsservctl(int cmd, struct nfsctl_arg *argp,
                union nfsctl_res *resp);
 

説明

Note: Since Linux 3.1, this system call no longer exists. It has been replaced by a set of files in the nfsd filesystem; see nfsd(7).

/*
 * nfsctl() によって理解されるコマンド
 */ #define NFSCTL_SVC 0 /* サーバープロセス */ #define NFSCTL_ADDCLIENT 1 /* NFS クライアントを追加 */ #define NFSCTL_DELCLIENT 2 /* NFS クライアンドを削除 */ #define NFSCTL_EXPORT 3 /* ファイルシステムのエクスポート */ #define NFSCTL_UNEXPORT 4 /* ファイルシステムのアンエクスポート */ #define NFSCTL_UGIDUPDATE 5 /* クライアントの UID/GID マップの更新
                                    (Linux 2.4.x とそれ以前のみ) */ #define NFSCTL_GETFH 6 /* (mountd で使用される) ファイルハンドルの
                                    取得 (Linux 2.4.x とそれ以前のみ) */

struct nfsctl_arg {
    int                       ca_version;     /* safeguard */
    union {
        struct nfsctl_svc     u_svc;
        struct nfsctl_client  u_client;
        struct nfsctl_export  u_export;
        struct nfsctl_uidmap  u_umap;
        struct nfsctl_fhparm  u_getfh;
        unsigned int          u_debug;
    } u; }

union nfsctl_res {
        struct knfs_fh          cr_getfh;
        unsigned int            cr_debug; };  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

バージョン

このシステムコールは Linux 3.1 でカーネルから削除された。ライブラリによるサポートは glibc 2.28 で削除された。  

準拠

このコールは Linux 特有である。  

関連項目

nfsd(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
バージョン
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 11:55:23 GMT, May 01, 2021