LLSEEK

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-12-21
Index JM Home Page roff page
 

名前

_llseek - ファイルの読み書きオフセットの位置を変える  

書式

#include <sys/types.h>
#include <unistd.h>

int _llseek(unsigned int fd, unsigned long offset_high,
            unsigned long offset_low, loff_t *result,
            unsigned int whence);

: このシステムコールには glibc のラッパー関数は存在しない。「注意」の節を参照。  

説明

Note: for information about the llseek(3) library function, see lseek64(3).

The _llseek() system call repositions the offset of the open file description associated with the file descriptor fd to the value

(offset_high << 32) | offset_low

This new offset is a byte offset relative to the beginning of the file, the current file offset, or the end of the file, depending on whether whence is SEEK_SET, SEEK_CUR, or SEEK_END, respectively.

The new file offset is returned in the argument result. The type loff_t is a 64-bit signed type.

This system call exists on various 32-bit platforms to support seeking to large file offsets.  

返り値

成功した場合は、 _llseek() は 0 を返す。 そうでなれば -1 という値が返り、エラーを示す errno が設定される。  

エラー

EBADF
fd がオープンされたファイルディスクリプターでない。
EFAULT
結果をユーザー空間にコピーするときに問題があった。
EINVAL
whence が不正である。
 

準拠

この関数は Linux 特有であり、移植性の必要なプログラムでは使用してはいけない。  

注意

Glibc does not provide a wrapper for this system call. To invoke it directly, use syscall(2). However, you probably want to use the lseek(2) wrapper function instead.  

関連項目

lseek(2), open(2), lseek64(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:30 GMT, July 19, 2021