IOPL

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-08-13
Index JM Home Page roff page
 

名前

iopl - I/O 特権レベルを変更する  

書式

#include <sys/io.h>

int iopl(int level);  

説明

iopl() は呼び出し元のスレッドの I/O 特権レベルを level の下位 2 ビットで指定した値に変更する。

通常のスレッドの I/O 特権レベルは 0 である。許可 (permissions) は親から子に継承される。

This call is deprecated, is significantly slower than ioperm(2), and is only provided for older X servers which require access to all 65536 I/O ports. It is mostly for the i386 architecture. On many other architectures it does not exist or will always return an error.  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EINVAL
引き数 level が 3 より大きい。
ENOSYS
このシステムコールは実装されていない。
EPERM
呼び出し元スレッドに iopl() を呼び出すのに十分な権限がなかった。 I/O 特権レベルを現在の値より上げるには CAP_SYS_RAWIO ケーパビリティが必要である。
 

準拠

ipc() は Linux 特有であり、 移植を意図したプログラムでは 使用してはいけない。  

注意

glibc2 は <sys/io.h><sys/perm.h> の両方にプロトタイプを持っている。 後者は i386 のみで利用可能なので、使用すべきではない。

Prior to Linux 5.5 iopl() allowed the thread to disable interrupts while running at a higher I/O privilege level. This will probably crash the system, and is not recommended.

Prior to Linux 3.7, on some architectures (such as i386), permissions were inherited by the child produced by fork(2) and were preserved across execve(2). This behavior was inadvertently changed in Linux 3.7, and won't be reinstated.  

関連項目

ioperm(2), outb(2), capabilities(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 11:55:22 GMT, May 01, 2021