IO_DESTROY

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2013-04-08
Index JM Home Page roff page
 

名前

io_destroy - 非同期 I/O コンテキストの消去  

書式

#include <linux/aio_abi.h>          /* 必要な型の定義 */

int io_destroy(aio_context_t ctx_id);

: このシステムコールには glibc のラッパー関数は存在しない。「注意」の節を参照。  

説明

io_destroy() システムコールは、実行中の ctx_id で指定された非同期 I/O 操作をすべて取り消そうとし、取り消せなかったすべての操作が完了するまで停止 (block) し、その後 ctx_id の削除を行う。  

返り値

成功した場合、 io_destroy() は 0 を返す。 失敗時の返り値については、「注意」の節を参照すること。  

エラー

EFAULT
データ構造の中に無効なデータを指しているものがある。
EINVAL
ctx_id で指定された AIO コンテキストが無効である。
ENOSYS
io_destroy() はこのアーキテクチャーでは実装されていない。
 

バージョン

非同期 I/O システムコールは Linux 2.5 で初めて登場した。  

準拠

io_destroy() は Linux 固有であり、移植を想定したプログラムで使用すべきではない。  

注意

glibc はこのシステムコールのラッパー関数を提供していない。 syscall(2) を使ってこのシステムコールを起動することができる。 しかし、たいていは、このシステムコールを呼び出したいのではなく、
 libaio が提供している io_destroy ラッパー関数を呼び出したい 場合がほとんどであろう。

libaio のラッパー関数では ctx_id 引き数に別の型 (io_context_t) が使われることに注意すること。 また、libaio のラッパー関数は、エラーの通知が通常の C ライブラリの 慣習にしたがっておらず、エラーの場合には負のエラー番号 (エラーの節に列 挙されている値の一つを負にしたもの) が返り値となる点にも注意すること。 syscall(2) 経由でシステムコールを起動すると、返り値は通常のエラー通 知の慣習に したがってものとなり、エラーの場合には -1 が返り、 errno にエラーを示す (正の) 値が設定される。  

関連項目

io_cancel(2), io_getevents(2), io_setup(2), io_submit(2), aio(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018