INOTIFY_INIT

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-04-11
Index JM Home Page roff page
 

名前

inotify_init, inotify_init1 - inotify インスタンスを初期化する  

書式

#include <sys/inotify.h>

int inotify_init(void);
int inotify_init1(int flags);
 

説明

inotify API の概要については inotify(7) を参照。

inotify_init() は、新規の inotify インスタンスを初期化し、作成された inotify イベントキュー に対応するファイルディスクリプターを返す。

inotify_init1() は、 flags が 0 の場合、 inotify_init() と同じである。 flags に以下の値をビット毎の論理和 (OR) で指定することで、 異なる動作をさせることができる。

IN_NONBLOCK
Set the O_NONBLOCK file status flag on the open file description (see open(2)) referred to by the new file descriptor. Using this flag saves extra calls to fcntl(2) to achieve the same result.
IN_CLOEXEC
新しいファイルディスクリプターに対して close-on-exec (FD_CLOEXEC) フラグをセットする。 このフラグが役に立つ理由については、 open(2) の O_CLOEXEC フラグの説明を参照のこと。
 

返り値

成功すると、これらのシステムコールは新しいファイルディスクリプターを返す。 エラーの場合、-1 を返し、 errno をエラーを示す値に設定する。  

エラー

EINVAL
(inotify_init1()) 無効な値が flags に指定された。
EMFILE
inotify インスタンスの総数がユーザー単位の上限に達していた。
EMFILE
The per-process limit on the number of open file descriptors has been reached.
ENFILE
オープンされたファイルの総数がシステム全体の上限に達していた。
ENOMEM
カーネルメモリーが十分になかった。
 

バージョン

inotify_init() は Linux 2.6.13 で初めて登場し、 ライブラリによるサポートは glibc バージョン 2.4 で追加された。 inotify_init1() は Linux 2.6.27 で追加され、 ライブラリによるサポートは glibc バージョン 2.9 で追加された。  

準拠

これらのシステムコールは Linux 独自である。  

関連項目

inotify_add_watch(2), inotify_rm_watch(2), inotify(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:29 GMT, July 19, 2021