GETXATTR

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2020-06-09
Index JM Home Page roff page
 

名前

getxattr, lgetxattr, fgetxattr - 拡張属性の値を取得する  

書式

#include <sys/types.h>
#include <sys/xattr.h>

ssize_t getxattr(const char *path, const char *name,
                 void *value, size_t size);
ssize_t lgetxattr(const char *path, const char *name,
                 void *value, size_t size);
ssize_t fgetxattr(int fd, const char *name,
                 void *value, size_t size);
 

説明

Extended attributes are name:value pairs associated with inodes (files, directories, symbolic links, etc.). They are extensions to the normal attributes which are associated with all inodes in the system (i.e., the stat(2) data). A complete overview of extended attributes concepts can be found in xattr(7).

getxattr() retrieves the value of the extended attribute identified by name and associated with the given path in the filesystem. The attribute value is placed in the buffer pointed to by value; size specifies the size of that buffer. The return value of the call is the number of bytes placed in value.

lgetxattr() は getxattr() と同じだが、シンボリックリンクの場合に、リンクが参照しているファイル ではなく、リンクそのものの情報を取得する点だけが異なる。

fgetxattr() は getxattr() と同じだが、 path の代わりに fd で参照されたオープン済みファイルの情報だけを取得する点が異なる (fdopen(2) によって返される)。

An extended attribute name is a null-terminated string. The name includes a namespace prefix; there may be several, disjoint namespaces associated with an individual inode. The value of an extended attribute is a chunk of arbitrary textual or binary data that was assigned using setxattr(2).

If size is specified as zero, these calls return the current size of the named extended attribute (and leave value unchanged). This can be used to determine the size of the buffer that should be supplied in a subsequent call. (But, bear in mind that there is a possibility that the attribute value may change between the two calls, so that it is still necessary to check the return status from the second call.)  

返り値

On success, these calls return a nonnegative value which is the size (in bytes) of the extended attribute value. On failure, -1 is returned and errno is set appropriately.  

エラー

E2BIG
The size of the attribute value is larger than the maximum size allowed; the attribute cannot be retrieved. This can happen on filesystems that support very large attribute values such as NFSv4, for example.
ENODATA
The named attribute does not exist, or the process has no access to this attribute.
ENOTSUP
拡張属性がそのファイルシステムでサポートされていない、 もしくは無効になっている。
ERANGE
value バッファーの大きさ size が結果を保持するのに十分な大きさでなかった。

上記に加えて、 stat(2) に書かれているエラーが発生する場合もある。  

バージョン

これらのシステムコールはカーネル 2.4 以降の Linux で利用できる。 glibc でのサポートはバージョン 2.3 以降で行われている。  

準拠

これらのシステムコールは Linux 独自である。  

listxattr(2) を参照。  

関連項目

getfattr(1), setfattr(1), listxattr(2), open(2), removexattr(2), setxattr(2), stat(2), symlink(7), xattr(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 5.10 の一部である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は https://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 11:55:22 GMT, May 01, 2021