runtest

Section: User Commands (1)
Updated: 2018-12-01
Index JM Home Page roff page
 

名前

runtest - DejaGnu テストドライバー  

書式

runtest [OPTION]...  

説明

DejaGnu は Expect を利用したプログラムテストのためのフレームワークです。 runtestDejaGnu におけるドライバープログラムです。 これは実行するテストと、 その実行方法を制御します。  

オプション

--all, -a
テスト結果をすべて出力します。 デフォルトでは、 期待どおりではない結果が出力されます。
--build TRIPLET
ビルドシステムにおける TRIPLET を設定します。
--debug
Expect の内部的なデバッグ出力をオンにします。 処理結果は dbg.log というファイルにログ出力されます。
--directory DIRECTORY
指定された DIRECTORY に対してのみテストが実行されます。
--global_init NAME
libdir にあるグローバルな初期化ファイルに用いる NAME を指定します。 このオプションが指定されなかった場合のデフォルトは site.exp です。
--help
使用方法に関するメッセージを表示して終了します。
--host TRIPLET
ホストシステムにおける TRIPLET を設定します。
--host_board NAME
利用するホストボード (host board) を定義します。
--ignore test1.exp test2.exp ...
指定するテストを実行しません。
--local_init NAME
カレントディレクトリと objdir の両方にある、 テストスイート用のローカル初期化ファイルに用いる NAME を指定します。 このオプションが指定されなかった場合のデフォルトは site.exp です。
--log_dialog
Expect による出力を標準出力に書き出します。
--mail 'name1 name2 ...'
テスト結果を受け取るメールアドレスを指定します。
--objdir PATH
PATH には、 コンパイル済のテストコードを含むディレクトリを指定します。
--outdir DIRECTORY
テストログ結果を出力する DIRECTORY 名を指定します。
--reboot
runtest が初期化を行う際に (対応していれば)、 ターゲットボードを再起動します。
--srcdir PATH
PATH には、 テストディレクトリを指定します。
--strace N
Expect の内部トレースレベルを N まで上げます。 処理結果は dbg.log というファイルにログ出力されます。
--target TRIPLET
ターゲットの TRIPLET を設定します。
--target_board NAME
テスト実行するターゲットボードの NAME 一覧を設定します。
--tool TOOLNAME
テストされるツールを指定します。 TOOLNAME は、 適用されるテストスイートおよび関連初期化モジュールを制御します。
--tool_exec PATH
テストする実行ファイルへのパスを指定します。
--tool_opts OPTIONS
ツールに受け渡す追加の OPTIONS を指定します。
-v, --verbose
テストケースや DejaGnu ユーティリティーコードから、 詳細なデバッグ出力を行うようにします。 複数指定すれば、 より詳細な出力が得られます。
-V, --version
DejaGNU, Expect, Tcl のバージョンを表示します。
-x, --xml
XML 出力を生成します。 出力ファイル名は、 ツール名に拡張子 .xml をつけたものになります。
-D[number]
Tcl デバッガーを有効にします。 number には 1 か 0 を指定します。 これが 1 の場合、 Expect シェルは起動後にブレークします。 インタラプトキー (interrupt key) を入力すれば、 DejaGnu のデバッガープロンプトになります。 0 の場合は DejaGnu が普通に起動しますが、 Control-C を入力すればデバッガープロンプトになります。
コマンドラインからファイル名を指定すると、
それが実行するテスト名になります。 普通はテストスクリプトの名前とします (たとえば foo.exp)。

Makefile 風の変数を使って、 ツール名やそれに対するフラグを指定することができます。 こういった指定やその他の構成に依存する値は、 設定の際に生成され、 ファイル site.exp に保存されます。  

終了ステータス

0
失敗が想定されているテスト、 あるいは対応していないテストを含めた、 すべてのテストが成功した場合。
1
テストに失敗した場合、 期待どおりにならなかった場合、 未解決の場合。
2
テストスクリプト内において Expect が何らかのエラーとなった場合。
 

著者

Rob Savoye (rob@welcomehome.org)  

バグ報告

バグ報告は <bug-dejagnu@gnu.org> までお願いします。  

著作権

Copyright © 2005-2016, 2018, 2020 Free Software Foundation, Inc.

This is free software. You may redistribute copies of it under the terms of the GNU General Public License <http://www.gnu.org/licenses/gpl.html>. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

DejaGnu の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。 info プログラムが適切にインストールされていれば、 以下のコマンド
info dejagnu

を実行して完全なマニュアルを参照できます。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
終了ステータス
著者
バグ報告
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:23 GMT, May 18, 2022