STDBUF

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2021年5月
Index JM Home Page roff page
 

名前

stdbuf - 標準入出力ストリームのバッファ動作を変更して、COMMAND を実行する  

書式

stdbuf ,OPTION/... ,COMMAND/  

説明

標準入出力ストリームのバッファ動作を変更して COMMAND を実行します。

長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。

-i, --input=,MODE/
標準入力のバッファ動作を変更する
-o, --output=,MODE/
標準出力のバッファ動作を変更する
-e, --error=,MODE/
標準エラー出力のバッファ動作を変更する
--help
使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

MODE が 'L' の場合、対応するストリームは行単位でバッファリングされます。 このオプションは標準入力に対しては無効です。

MODE が '0' の場合、対応するストリームはバッファリングされなくなります。

それ以外の場合は MODE に数値を指定します。数値には次の倍数を指定することができます: KB 1000, K 1024, MB 1000*1000, M 1024*1024, その他 G, T, P, E, Z, Y など。 二進接頭辞も使用することもできます: KiB=K, MiB=M など。 対応したストリームに MODE バイトのサイズが割り当てられたバッファが設定されます。

注意: COMMAND が標準ストリームのバッファリングを調整する場合 (例えば 'tee')、 'stdbuf' が変更した設定は上書きされます。また、いくつかのフィルタ ('dd' や 'cat' 等) は入出力にストリームを使用しないため、 'stdbuf' 設定の影響を受けません。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <https://www.gnu.org/software/coreutils/> 翻訳に関するバグは <https://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 詳細な文書 <https://www.gnu.org/software/coreutils/stdbuf> (ローカルでは info '(coreutils) stdbuf invocation' で参照可能)。  

バグ

glibc 環境では、バッファサイズを指定した場合 (つまり、完全に バッファリングを行うモードを使用した場合) の動作は未定義です。  

tail -f access.log | stdbuf -oL cut -d ' ' -f1 | uniq
このコマンドでは access.log の一意なエントリがあると直ちに出力されます。  

作者

作者 Padraig Brady。  

著作権

Copyright © 2020 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

stdbuf の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および stdbuf のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info stdbuf

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
バグ
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, July 19, 2021