[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

12. 特殊なファイル型

この章では、特殊なタイプのファイルを作成するコマンドの説明を行う (さらに rmdir の説明もするが、これはディレクトリという特殊なファイル型の一つを削除するコマンドである)。

Unix 系統のオペレーティング・システムでは、ほかのオペレーティング・システムと比べて、 特殊なファイル型というものが著しく少ないが、それでも普通のファイル (normal files) がそうであるような、のっぺらぼうなバイトストリームとして、 何でもかんでも扱えさえすればよいというものではない。 たとえば、ファイルを作成したり、削除したりするとき、 システムはその情報を記録しなければならないが、それはディレクトリ (directory) — これも特殊なタイプのファイルである — に書き込まれる。 もし興味があれば、ディレクトリを普通のファイルのように読むこともできるが、 システムがシステムとしての役割を果たすためには、 ディレクトリはそのファイル内容であるバイトに、構造というか、何らかの秩序を持っていなければならない。 そういう意味で、ディレクトリは、「特殊な」タイプのファイルなのである。

ディレクトリ以外の特殊なファイル型としては、名前付きパイプ (FIFO)、 シンボリックリンク、ソケット、それに、いわゆるスペシャルファイル (special files) がある。


This document was generated on August 15, 2017 using texi2html 1.82.