[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

Index: Q – S

Jump to:   !   %   &   *   +   -   /   1   2   3   5   <   =   >   \   _   |  
A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z  
Index Entry Section

Q
quit19.2.6 特殊文字
quoting style10.1.7 ファイル名のフォーマット

R
radix for file offsets3.4 od: ファイルを 8 進数などの形式で書き出す
random seed2.7 ランダムデータのソース
random sort7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
random source for shredding11.6 shred: セキュリティを向上させたファイルの削除
random source for shuffling7.2 shuf: テキストをシャッフルする
random source for sorting7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
random sources2.7 ランダムデータのソース
ranges9.1.1 文字集合の指定
raw19.2.5 組み合わせ設定
read errors, ignoring11.2 dd: ファイルの変換とコピー
read from stdin and write to stdout and files17.1 tee: 出力を複数のファイルやプロセスにリダイレクトする
read permission27.1 ファイル・モードビットの構成
read permission, symbolic27.2.1 許可属性の設定
read system call, and holes11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
readable file check16.3.2 アクセス許可のテスト
readlink12.6 readlink: シムリンクの値、または正規化されたファイル名を表示する
real user and group IDs, printing20.1 id: ユーザの ID を表示する
realpath12.6 readlink: シムリンクの値、または正規化されたファイル名を表示する
realpath18.5 realpath: ファイル名を展開して表示する
record separator character5.3 split: ファイルを分割する。
recursive directory listing10.1.1 表示対象にするファイル
recursively changing access permissions13.3 chmod: アクセス権を変更する
recursively changing file ownership13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
recursively changing group ownership13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
recursively copying directories11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
recursively copying directories11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
redirection17. リダイレクション
reference file22.1 chcon: ファイルの SELinux コンテキストを変更する
reformatting paragraph text4.1 fmt: パラグラフに分かれたテキストを整形し直す
regular expression matching16.4.1 文字列式
regular file check16.3.1 ファイルタイプのテスト
relations, numeric or string16.4.3 expr の関係表現
relative items in date strings28.7 相対表現の項目
release of kernel21.4 uname: システムについて情報を表示する
relpath18.5 realpath: ファイル名を展開して表示する
remainder16.4.2 数式
remote hostname20.6 who: 現在誰がログインしているかを表示する
removing characters9.1.3 連続する文字の圧縮と文字の削除
removing empty directories12.7 rmdir: 空のディレクトリを削除する
removing files after shredding11.6 shred: セキュリティを向上させたファイルの削除
removing files or directories11.5 rm: ファイルやディレクトリを削除する
removing files or directories (via the unlink syscall)12.8 unlink: システムコール unlink を使って、ファイルを削除する
removing permissions27.2.1 許可属性の設定
repeat output values7.2 shuf: テキストをシャッフルする
repeated characters9.1.1 文字集合の指定
repeated lines, outputting7.3 uniq: ファイルから重複を省く
repeated output of a string15.3 yes: 中断されるまで文字列を表示する
restricted deletion flag27.1 ファイル・モードビットの構成
return, ignoring19.2.2 入力に関する設定
return, translating to newline19.2.2 入力に関する設定
return, translating to newline19.2.3 出力に関する設定
reverse sorting7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
reverse sorting10.1.3 出力のソート
reversing files3.2 tac: ファイルを結合し、ファイルごとに逆順で書き出す
rm11.5 rm: ファイルやディレクトリを削除する
rmdir12.7 rmdir: 空のディレクトリを削除する
rn format for nl3.3 nl: 行番号を付けて、ファイルを書き出す
root as default owner11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
root directory, allow recursive destruction11.5 rm: ファイルやディレクトリを削除する
root directory, allow recursive modification13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
root directory, allow recursive modification13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
root directory, allow recursive modification13.3 chmod: アクセス権を変更する
root directory, disallow recursive destruction11.5 rm: ファイルやディレクトリを削除する
root directory, disallow recursive modification13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
root directory, disallow recursive modification13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
root directory, disallow recursive modification13.3 chmod: アクセス権を変更する
root directory, running a program in a specified23.1 chroot: ルートディレクトリを変更して、コマンドを実行する
rows19.2.7 特殊設定
rprnt19.2.6 特殊文字
RTS/CTS flow control19.2.1 制御関係の設定
run commands with bounded time23.6 timeout: タイムリミット付きでコマンドを実行する
run with security context22.2 runcon: 指定された SELinux コンテキストでコマンドを実行する。
runcon22.2 runcon: 指定された SELinux コンテキストでコマンドを実行する。
running a program in a modified environment23.2 env: 変更した環境でコマンドを実行する
running a program in a specified root directory23.1 chroot: ルートディレクトリを変更して、コマンドを実行する
rz format for nl3.3 nl: 行番号を付けて、ファイルを書き出す

S
Salz, Rich28.11 parse_datetime の作者
same file check16.3.3 ファイル特性のテスト
sane19.2.5 組み合わせ設定
scheduling, affecting23.3 nice: niceness を変更して、コマンドを実行する
screen columns4.3 fold: 入力行を指定された幅に合わせて折り返す
seconds since the epoch21.1.1 時刻関係の変換指定子
section delimiters of pages3.3 nl: 行番号を付けて、ファイルを書き出す
security context10.1.2 表示する情報
security context11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
security context11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
security context11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
security context11.4 mv: ファイルの移動 (名前の変更) を行う
security context12.3 mkdir: ディレクトリを作成する
security context12.4 mkfifo: FIFO (名前付きパイプ) を作成する
security context12.5 mknod: ブロック型やキャラクタ型のスペシャルファイルを作成する。
security context20.1 id: ユーザの ID を表示する
seek11.2 dd: ファイルの変換とコピー
seek_bytes11.2 dd: ファイルの変換とコピー
self-backups11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
SELinux10.1.2 表示する情報
SELinux11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
SELinux20.1 id: ユーザの ID を表示する
SELinux context22. SELinux コンテキスト
SELinux, context22. SELinux コンテキスト
SELinux, restoring security context11.4 mv: ファイルの移動 (名前の変更) を行う
SELinux, setting/restoring security context11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
SELinux, setting/restoring security context11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
SELinux, setting/restoring security context12.3 mkdir: ディレクトリを作成する
SELinux, setting/restoring security context12.4 mkfifo: FIFO (名前付きパイプ) を作成する
SELinux, setting/restoring security context12.5 mknod: ブロック型やキャラクタ型のスペシャルファイルを作成する。
send a signal to processes24.1 kill: プロセスにシグナルを送る
sentences and line-breaking4.1 fmt: パラグラフに分かれたテキストを整形し直す
separator for numbers in seq26.3 seq: 数列を表示する
seq26.3 seq: 数列を表示する
sequence of numbers26.3 seq: 数列を表示する
set-group-ID27.1 ファイル・モードビットの構成
set-group-ID check16.3.2 アクセス許可のテスト
set-user-ID27.1 ファイル・モードビットの構成
set-user-ID check16.3.2 アクセス許可のテスト
setgid27.1 ファイル・モードビットの構成
setting permissions27.2.1 許可属性の設定
setting the hostname21.5 hostname: システムの名前を表示、または設定する
setting the time21.1.5 システムクロックの設定
setuid27.1 ファイル・モードビットの構成
setup for color10.4 dircolors: ls のカラー設定
sh syntax for color setup10.4 dircolors: ls のカラー設定
SHA-16.6 sha1sum: SHA-1 ダイジェストの表示、または検査をする
SHA-26.7 sha2 utilities: SHA-2 ダイジェストの表示、または検査をする
sha1sum6.6 sha1sum: SHA-1 ダイジェストの表示、または検査をする
sha224sum6.7 sha2 utilities: SHA-2 ダイジェストの表示、または検査をする
sha256sum6.7 sha2 utilities: SHA-2 ダイジェストの表示、または検査をする
sha384sum6.7 sha2 utilities: SHA-2 ダイジェストの表示、または検査をする
sha512sum6.7 sha2 utilities: SHA-2 ダイジェストの表示、または検査をする
SHELL environment variable, and color10.1.5 出力全体の形式
SHELL environment variable, and color10.4 dircolors: ls のカラー設定
shell utilitiesGNU Coreutils
shred11.6 shred: セキュリティを向上させたファイルの削除
shuf7.2 shuf: テキストをシャッフルする
shuffling files7.2 shuf: テキストをシャッフルする
SI output2.3 ブロックサイズ
SI output10.1.2 表示する情報
SI output14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
SI output14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
signals, specifying2.5 シグナルの指定
simple backup method2.2 バックアップ・オプション
SIMPLE_BACKUP_SUFFIX2.2 バックアップ・オプション
single-column output of files10.1.5 出力全体の形式
size19.2.7 特殊設定
size for main memory sorting7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
size of file to shred11.6 shred: セキュリティを向上させたファイルの削除
size of files, reporting10.1.2 表示する情報
size of files, sorting files by10.1.3 出力のソート
skip11.2 dd: ファイルの変換とコピー
skip_bytes11.2 dd: ファイルの変換とコピー
sleep25.1 sleep: 指定された時間、停止する
socket check16.3.1 ファイルタイプのテスト
software flow control19.2.2 入力に関する設定
sort7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
sort field7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
sort stability7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
sort stability7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
sort’s last-resort comparison7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
sort’s last-resort comparison7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
sorted files, operations on7. ソートしたファイルの操作
sorting files7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
sorting ls output10.1.3 出力のソート
space9.1.1 文字集合の指定
space parity19.2.1 制御関係の設定
sparse11.2 dd: ファイルの変換とコピー
sparse files, copying11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
sparse files, creating14.5 truncate: ファイルサイズの短縮・伸長を行う
special characters19.2.6 特殊文字
special file types12. 特殊なファイル型
special file types12. 特殊なファイル型
special files12.5 mknod: ブロック型やキャラクタ型のスペシャルファイルを作成する。
special settings19.2.7 特殊設定
specifying sets of characters9.1.1 文字集合の指定
speed19.2.7 特殊設定
split5.3 split: ファイルを分割する。
splitting a file into pieces5.3 split: ファイルを分割する。
splitting a file into pieces by context5.4 csplit: ファイルを内容を目印にして分割する。
squeezing blank lines3.1 cat: ファイルを結合して、書き出す
squeezing empty lines3.1 cat: ファイルを結合して、書き出す
squeezing repeat characters9.1.3 連続する文字の圧縮と文字の削除
Stallman, R.1. 序
standard input2. 共通オプション
standard output2. 共通オプション
standard streams, buffering23.5 stdbuf: 入出力ストリームのバッファリングを変更して、コマンドを実行する
start19.2.6 特殊文字
stat14.3 stat: ファイルやファイルシステムの状態を報告する
status11.2 dd: ファイルの変換とコピー
status19.2.6 特殊文字
status time, printing or sorting by10.1.3 出力のソート
status time, show the most recent14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
stdbuf23.5 stdbuf: 入出力ストリームのバッファリングを変更して、コマンドを実行する
stick parity19.2.1 制御関係の設定
sticky27.1 ファイル・モードビットの構成
sticky bit check16.3.2 アクセス許可のテスト
stop19.2.6 特殊文字
stop bits19.2.1 制御関係の設定
strftime and date21.1 date: システムの日付や時刻を表示、設定する
string constants, outputting3.4 od: ファイルを 8 進数などの形式で書き出す
string expressions16.4.1 文字列式
string tests16.3.4 文字列のテスト
strip directory and suffix from file names18.1 basename: ファイル名からディレクトリと接尾辞を取り除く
stripping non-directory suffix18.2 dirname: ファイル名から最後の要素を取り除く
stripping symbol table information11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
stripping trailing slashes11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
stripping trailing slashes11.4 mv: ファイルの移動 (名前の変更) を行う
stty19.2 stty: 端末の諸特性を表示・変更する
substr16.4.1 文字列式
subtracting permissions27.2.1 許可属性の設定
subtraction16.4.2 数式
successful exit16.2 true: 何もせず、正常終了する
suffix, stripping from file names18.1 basename: ファイル名からディレクトリと接尾辞を取り除く
sum6.2 sum: チェックサムとブロック数を表示する
summarizing files6. ファイルの要約 (行数、単語数、チェックサム)
superblock, writing14.4 sync: キャッシュされた書き込みを永続的な記憶装置に同期する
supplementary groups, printing20.4 groups: ユーザが所属しているグループ名を表示する
susp19.2.6 特殊文字
swab (byte-swapping)11.2 dd: ファイルの変換とコピー
swap space, saving text image in27.1 ファイル・モードビットの構成
swtch19.2.6 特殊文字
symbol table information, stripping11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
symbol table information, stripping, program11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
symbolic (soft) links, creating12.2 ln: ファイル間のリンクを作成する
symbolic link check16.3.1 ファイルタイプのテスト
symbolic link to directory, controlling traversal of2.10 シンボリックリンクをたどる
symbolic link to directory, never traverse2.10 シンボリックリンクをたどる
symbolic link to directory, never traverse13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
symbolic link to directory, never traverse13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
symbolic link to directory, never traverse22.1 chcon: ファイルの SELinux コンテキストを変更する
symbolic link to directory, traverse each that is encountered2.10 シンボリックリンクをたどる
symbolic link to directory, traverse each that is encountered13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
symbolic link to directory, traverse each that is encountered13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
symbolic link to directory, traverse each that is encountered22.1 chcon: ファイルの SELinux コンテキストを変更する
symbolic link to directory, traverse if on the command line2.10 シンボリックリンクをたどる
symbolic link to directory, traverse if on the command line13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
symbolic link to directory, traverse if on the command line13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
symbolic link to directory, traverse if on the command line22.1 chcon: ファイルの SELinux コンテキストを変更する
symbolic link, defined12.2 ln: ファイル間のリンクを作成する
symbolic links and ln12.2 ln: ファイル間のリンクを作成する
symbolic links and pwd19.1 pwd: 現在作業中のディレクトリを表示する
symbolic links, changing group13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
symbolic links, changing owner13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
symbolic links, changing owner13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
symbolic links, changing owner13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
symbolic links, changing owner13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
symbolic links, changing time13.4 touch: ファイルのタイムスタンプを変更する
symbolic links, copying11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
symbolic links, copying11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
symbolic links, copying with11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
symbolic links, dereferencing10.1.1 表示対象にするファイル
symbolic links, dereferencing10.1.1 表示対象にするファイル
symbolic links, dereferencing10.1.1 表示対象にするファイル
symbolic links, dereferencing in du14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
symbolic links, dereferencing in du14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
symbolic links, dereferencing in stat14.3 stat: ファイルやファイルシステムの状態を報告する
symbolic links, following11.2 dd: ファイルの変換とコピー
symbolic links, permissions of13.3 chmod: アクセス権を変更する
symbolic modes27.2 シンボリックモード
symlinks, resolution18.5 realpath: ファイル名を展開して表示する
sync14.4 sync: キャッシュされた書き込みを永続的な記憶装置に同期する
sync (padding with ASCII NULs)11.2 dd: ファイルの変換とコピー
Synchronize cached writes to persistent storage14.4 sync: キャッシュされた書き込みを永続的な記憶装置に同期する
synchronize disk and memory14.4 sync: キャッシュされた書き込みを永続的な記憶装置に同期する
synchronized data and metadata I/O11.2 dd: ファイルの変換とコピー
synchronized data and metadata writes, before finishing11.2 dd: ファイルの変換とコピー
synchronized data reads11.2 dd: ファイルの変換とコピー
synchronized data writes, before finishing11.2 dd: ファイルの変換とコピー
system context21. システム関連
system information, printing21.2 arch: マシンのハードウェア名を表示する
system information, printing21.3 nproc: 利用できるプロセッサの個数を表示する
system information, printing21.4 uname: システムについて情報を表示する
system name, printing21.5 hostname: システムの名前を表示、または設定する
System V sum6.2 sum: チェックサムとブロック数を表示する

Jump to:   !   %   &   *   +   -   /   1   2   3   5   <   =   >   \   _   |  
A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z  

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated on September 9, 2019 using texi2html 1.82.