[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

Index: D – E

Jump to:   !   %   &   *   +   -   /   1   2   3   5   <   =   >   \   _   |  
A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z  
Index Entry Section

D
data, erasing11.6 shred: セキュリティを向上させたファイルの削除
database for color setup, printing10.4 dircolors: ls のカラー設定
date21.1 date: システムの日付や時刻を表示、設定する
date and time of day format, ISO 860128.5 暦日と時刻を組み合わせた項目
date conversion specifiers21.1.2 日付関係の変換指定子
date format, ISO 860128.2 暦日の項目
date input formats28. 日付入力の書式
date options21.1.6 date のオプション
date strings, debugging21.1.6 date のオプション
date strings, parsing21.1.6 date のオプション
day in date strings28.7 相対表現の項目
day in date strings28.7 相対表現の項目
day of week item28.6 曜日の項目
dd11.2 dd: ファイルの変換とコピー
ddrescue11.2 dd: ファイルの変換とコピー
debugging date strings21.1.6 date のオプション
dec19.2.5 組み合わせ設定
decctlq19.2.5 組み合わせ設定
Decode base64 data3.6 base64: データを表示可能データ (printable data) に変換する
delay for a specified time25.1 sleep: 指定された時間、停止する
delaying commands25. 一時停止
deleting characters9.1.3 連続する文字の圧縮と文字の削除
dereferencing symbolic links12.2 ln: ファイル間のリンクを作成する
descriptor follow option5.2 tail: ファイルの末尾部分を出力する
destination directory2.8 出力先ディレクトリ
destination directory2.8 出力先ディレクトリ
destination directory11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
destination directory11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
destination directory11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
destination directory11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
destination directory11.4 mv: ファイルの移動 (名前の変更) を行う
destination directory11.4 mv: ファイルの移動 (名前の変更) を行う
destination directory12.2 ln: ファイル間のリンクを作成する
destination directory12.2 ln: ファイル間のリンクを作成する
destinations, multiple output17.1 tee: 出力を複数のファイルやプロセスにリダイレクトする
device file, disk14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
df14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
DF_BLOCK_SIZE2.3 ブロックサイズ
diagnostic22.1 chcon: ファイルの SELinux コンテキストを変更する
dictionary order7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
differing lines7.4 comm: ソート済みの二つのファイルを一行づつ比較する
digit9.1.1 文字集合の指定
dir10.2 dir: ディレクトリの内容を簡潔に表示する
dircolors10.4 dircolors: ls のカラー設定
direct11.2 dd: ファイルの変換とコピー
direct I/O11.2 dd: ファイルの変換とコピー
directories, copying11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
directories, copying recursively11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
directories, copying recursively11.1 cp: ファイルやディレクトリをコピーする
directories, creating12.3 mkdir: ディレクトリを作成する
directories, creating with given attributes11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
directories, removing11.5 rm: ファイルやディレクトリを削除する
directories, removing (recursively)11.5 rm: ファイルやディレクトリを削除する
directories, removing empty12.7 rmdir: 空のディレクトリを削除する
directory11.2 dd: ファイルの変換とコピー
directory check16.3.1 ファイルタイプのテスト
directory components, printing18.2 dirname: ファイル名から最後の要素を取り除く
directory deletion, ignoring failures12.7 rmdir: 空のディレクトリを削除する
directory deletion, reporting12.7 rmdir: 空のディレクトリを削除する
directory I/O11.2 dd: ファイルの変換とコピー
directory listing10.1 ls: ディレクトリの内容を一覧表示する
directory listing, brief10.2 dir: ディレクトリの内容を簡潔に表示する
directory listing, recursive10.1.1 表示対象にするファイル
directory listing, verbose10.3 vdir: ディレクトリの内容を詳細に表示する
directory order, listing by10.1.3 出力のソート
directory, creating temporary18.4 mktemp: テンポラリファイルやディレクトリを作成する
directory, stripping from file names18.1 basename: ファイル名からディレクトリと接尾辞を取り除く
dired Emacs mode support10.1.2 表示する情報
dirname18.2 dirname: ファイル名から最後の要素を取り除く
disabling special characters19.2.6 特殊文字
disambiguating group names and IDs2.6 chown, chgrp, chroot, id: ユーザ名かユーザ ID かを明確にする
discard19.2.6 特殊文字
discarding file cache11.2 dd: ファイルの変換とコピー
disk allocation10.1.2 表示する情報
disk device file14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
disk usage14. ディスク使用量
disk usage by file system14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
disk usage for files14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
disks, failing11.2 dd: ファイルの変換とコピー
displacement of dates28.7 相対表現の項目
displaying text15.1 echo: テキストを 1 行表示する
displaying value of a symbolic link12.6 readlink: シムリンクの値、または正規化されたファイル名を表示する
division16.4.2 数式
do nothing, successfully16.2 true: 何もせず、正常終了する
do nothing, unsuccessfully16.1 false: 何もせず、実行失敗のステータスを返す
DOS file system14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
double spacing4.2 pr: ページ付けや段組みをしてファイルを表示する
down columns4.2 pr: ページ付けや段組みをしてファイルを表示する
drain19.2.7 特殊設定
dsusp19.2.6 特殊文字
dsync11.2 dd: ファイルの変換とコピー
DTR/DSR flow control19.2.1 制御関係の設定
du14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
DU_BLOCK_SIZE2.3 ブロックサイズ
DVD file system type14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する

E
ebcdic, converting to11.2 dd: ファイルの変換とコピー
echo15.1 echo: テキストを 1 行表示する
echoctl19.2.4 ローカル設定
echoe19.2.4 ローカル設定
echok19.2.4 ローカル設定
echoke19.2.4 ローカル設定
echonl19.2.4 ローカル設定
echoprt19.2.4 ローカル設定
effective user and group IDs, printing20.1 id: ユーザの ID を表示する
effective user ID, printing20.3 whoami: 実効ユーザ ID を表示する
Eggert, Paul28.11 parse_datetime の作者
eight-bit characters19.2.1 制御関係の設定
eight-bit characters19.2.5 組み合わせ設定
eight-bit input19.2.2 入力に関する設定
ek19.2.5 組み合わせ設定
empty files, creating13.4 touch: ファイルのタイムスタンプを変更する
empty lines, numbering3.3 nl: 行番号を付けて、ファイルを書き出す
endianness3.4 od: ファイルを 8 進数などの形式で書き出す
entire files, output of3. ファイル全体の出力
env23.2 env: 変更した環境でコマンドを実行する
environment variables, printing19.3 printenv: 環境変数のすべて、あるいは一部を表示する
environment, printing23.2 env: 変更した環境でコマンドを実行する
environment, running a program in a modified23.2 env: 変更した環境でコマンドを実行する
eof19.2.6 特殊文字
eol19.2.6 特殊文字
eol219.2.6 特殊文字
epoch, for POSIX28.9 Unix 紀元 (the Epoch) からの秒数
epoch, seconds since21.1.1 時刻関係の変換指定子
equal string check16.3.4 文字列のテスト
equal string check16.3.4 文字列のテスト
equivalence classes9.1.1 文字集合の指定
erase19.2.6 特殊文字
erasing data11.6 shred: セキュリティを向上させたファイルの削除
error messages, omitting13.1 chown: ファイルの所有者やグループを変更する
error messages, omitting13.2 chgrp: ファイルの所有グループを変更する
error messages, omitting13.3 chmod: アクセス権を変更する
evaluation of expressions16.4 expr: 式を評価する
even parity19.2.1 制御関係の設定
evenp19.2.5 組み合わせ設定
exabyte, definition of2.3 ブロックサイズ
examples of date21.1.7 date の使用例
examples of expr16.4.4 expr の使用例
exbibyte, definition of2.3 ブロックサイズ
excl11.2 dd: ファイルの変換とコピー
excluding files from du14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
excluding files from du14.2 du: ファイルのディスク使用量を概算する
executable file check16.3.2 アクセス許可のテスト
executables and file type, marking10.1.5 出力全体の形式
execute/search permission27.1 ファイル・モードビットの構成
execute/search permission, symbolic27.2.1 許可属性の設定
existence-of-file check16.3.3 ファイル特性のテスト
existing backup method2.2 バックアップ・オプション
exit status commands16. 条件
exit status of chroot23.1 chroot: ルートディレクトリを変更して、コマンドを実行する
exit status of env23.2 env: 変更した環境でコマンドを実行する
exit status of expr16.4 expr: 式を評価する
exit status of false16.1 false: 何もせず、実行失敗のステータスを返す
exit status of ls10.1 ls: ディレクトリの内容を一覧表示する
exit status of mktemp18.4 mktemp: テンポラリファイルやディレクトリを作成する
exit status of nice23.3 nice: niceness を変更して、コマンドを実行する
exit status of nohup23.4 nohup: ハングアップ・シグナルで終了しないコマンドを実行する
exit status of pathchk18.3 pathchk: ファイル名の有効性や可搬性を検査する
exit status of printenv19.3 printenv: 環境変数のすべて、あるいは一部を表示する
exit status of realpath18.5 realpath: ファイル名を展開して表示する
exit status of runcon22.2 runcon: 指定された SELinux コンテキストでコマンドを実行する。
exit status of sort7.1 sort: テキストファイルを並べ替える
exit status of stdbuf23.5 stdbuf: 入出力ストリームのバッファリングを変更して、コマンドを実行する
exit status of test16.3 test: ファイルタイプのチェックや値の比較を行う
exit status of timeout23.6 timeout: タイムリミット付きでコマンドを実行する
exit status of true16.2 true: 何もせず、正常終了する
exit status of tty19.4 tty: 標準入力に接続している端末のファイル名を表示する
expand9.2 expand: タブをスペースに変換する
expr16.4 expr: 式を評価する
expression evaluation16.3 test: ファイルタイプのチェックや値の比較を行う
expression evaluation16.4 expr: 式を評価する
expressions, numeric16.4.2 数式
expressions, string16.4.1 文字列式
ext2 file system type14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
ext3 file system type14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
ext4 file system type14.1 df: ファイルシステムのディスク使用状態を報告する
extended attributes, xattr11.3 install: ファイルをコピーし属性をセットする
extended attributes, xattr11.4 mv: ファイルの移動 (名前の変更) を行う
extension, sorting files by10.1.3 出力のソート
extproc19.2.4 ローカル設定

Jump to:   !   %   &   *   +   -   /   1   2   3   5   <   =   >   \   _   |  
A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z  

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated on September 9, 2019 using texi2html 1.82.