[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

uniq コマンド

最後に目を向けるのは (少なくとも今のところはだが)、uniq プログラムだ。 データのソートをしていると、結果に重複行が現れることがよくある。 内容が全く同じ行だ。たいていの場合、各行は一つだけあればよい。そこで、uniq の出番になる。uniq プログラムは、標準入力を読み込み、 連続する同一行については、そのうちの一件だけを表示する。uniq には、オプションがいくつかある。後で ‘-c’ オプションを使うことになるが、 これはユニークな、つまり他と違っている各行を表示するとき、 その行が入力中に現れた回数を前に付けるものである (参照: uniq: ファイルから重複を省く)。


This document was generated on August 15, 2017 using texi2html 1.82.