[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

27.3 数値モード

シンボリックモードで指定する代わりに、モードを表す 1 個の 8 進数 (基数 8) を指定することもできる。この数値は常に 8 進数として解釈されるので、 C 言語の場合とは違って、先頭に ‘0’ を付ける必要はない。‘0055’ というモードは、‘55’ というモードと同じなのだ。(とは言え、‘00055’ のような、5 桁以上のモードは、特別な扱いを受けることがある。 See section ディレクトリの Set-User-ID と Set-Group-ID ビット.)

数値モードは、たいていの場合、対応するシンボリックモードより短くてすむが、 ファイルの変更前のモードビットを踏まえて指定することが、 普通はできないという制限がある。数値モードでは、絶対的な形で指定することしかできないのだ。 ディレクトリの set-user-ID ビットと set-group-ID ビットは、 この一般的な制限の対象外である。 See section ディレクトリの Set-User-ID と Set-Group-ID ビット. なお、演算子付き数値モードを使えば、ファイルの変更前のモードビットを踏まえた指定が可能になる。 See section 演算子付き数値モード.

ファイルの所有者、ファイルのグループに所属する他のユーザ、それ以外の一般ユーザ、 この 3 種のユーザに与える許可属性には、それぞれ 3 ビットを要し、その 3 ビットは 1 個の 8 進数で表現される。三つの特殊モードビットにも、おのおの 1 ビットが必要であり、 こちらも一つにまとめて、もう一つの 8 進数として表現される。 各ビットの並び方は、最下位のビットから上位のビットへ向かって、次のようになっている。

 
モードの  対応する
値        モードビット

          ファイルのグループに所属しない一般ユーザ:
   1      実行/検索
   2      書き出し
   4      読み込み

          ファイルのグループに所属する所有者以外のユーザ:
  10      実行/検索
  20      書き出し
  40      読み込み

          ファイルの所有者:
 100      実行/検索
 200      書き出し
 400      読み込み

          特殊モードビット:
1000      削除制限フラグ、またはスティッキー・ビット
2000      ファイルの実行時にグループ ID をセットする
4000      ファイルの実行時にユーザ ID をセットする

たとえば、数値モードの ‘4755’ は、シンボリックモードの ‘u=rwxs,go=rx’ に当たり、数値モードの ‘664’ は、シンボリックモードの ‘ug=rw,o=r’ に相当している。数値モードの ‘0’ は、シンボリックモードの ‘a=’ に相当する。


This document was generated on March 31, 2018 using texi2html 1.82.