[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

24.1 kill: プロセスにシグナルを送る

kill コマンドは、プロセスにシグナルを送る。 シグナルを送られたプロセスは、終了するか、 あるいは、シグナルを受け取った時点で他の何らかの形で反応する。 また、kill は、シグナルに関する情報を一覧表示する。

書式:

 
kill [-s signal | --signal signal | -signal] pid…
kill [-l | --list | -t | --table] [signal]…

シェルの組み込み機能の kill やエイリアスのために、 kill に何の修飾も付けずに対話的に使ったり、スクリプトの中で使ったりすると、 動作がここで述べているものとは違うことがあるかもしれない。 シェルによる干渉を避けるためには、env 経由で kill を起動すればよい (すなわち、env kill … のようにだ)。

kill コマンドの最初の書式では、すべての pid 引数に対してシグナルが送られる。 シグナルが指定されていない場合に送られるデフォルトのシグナルは、‘TERM’ である。 ‘0’ という特別なシグナル番号は、有効なシグナルを表していないが、 引数 pid が指しているプロセスに対してシグナルを送ることが可能かどうかを、調べるために使うことができる。

pid が正の数なら、シグナルはプロセス ID が pid のプロセスに送られる。 pid が 0 なら、シグナルはカレントプロセスのプロセスグループに属するすべてのプロセスに送られる。 pid が -1 の場合、シグナルが送られるのは、 ユーザがシグナルを送る権限を持っているすべてのプロセスである。 pid が -1 より小さい場合は、pid の絶対値に等しいプロセスグループに属するすべてのプロセスにシグナルが送られる。

pid が正の数ではない場合、システムプロセスに属するプロセス (システムによって様々である) は、シグナルが送られるプロセスのリストから除外される。

最初の pid 引数として負の pid を使用したい場合は、その前に ‘--’ オプションを置くべきである。 とは言え、‘kill -signal -pid’ という書式を使う場合は、 ‘--’ は必要がない。これは、POSIX に対する一般的な拡張である。 そこで、次に挙げるコマンドは等価になる。

 
kill -15 -1
kill -TERM -1
kill -s TERM -- -1
kill -- -1

最初の書式の kill コマンドは、すべての pid 引数が、 シグナルが送られたプロセスをそれぞれ少なくとも一つは指している場合に、 成功のステータスで終了する。

kill コマンドの二番目の書式では、シグナルに関する情報が表示される。 ‘-l’ または ‘--list’、あるいは、‘-t’ または ‘--table’ オプションの指定は必須である。引数 signal を一つも指定しないと、 サポートされているすべてのシグナルがリストされる。‘-l’ や ‘--list’ の出力は、シグナル名のリストであり、1 行に一つづつ表示される。 ただし、引数 signal がすでにシグナル名である場合は、名前ではなく、シグナル番号の表示になる。 ‘-t’ や ‘--table’ の出力は、シグナル番号、シグナル名、その説明からなる表である。 この書式の kill コマンドは、引数として指定されたすべての signal が有効なものであり、出力エラーがなかったとき、成功のステータスで終了する。

kill コマンドでは、‘--help’ や ‘--version’ オプションも使用できる。 See section 共通オプション.

signal の指定には、‘HUP’ のようなシグナル名や、‘1’のようなシグナル番号、 それに、シグナルによって終了させられるときのプロセスの終了ステータスを使うことができる (訳注: 最後のものは、GNU coreutils の kill コマンドでは使用できるが、他の系統の kill では使えないかもしれない)。 シグナル名は、標準的な形式でも、頭に ‘SIG’ を付けた形式でも構わない。 大文字小文字はどちらを使ってもよいが、‘-signal’ という形式のオプションの場合は例外で、大文字を使わなければならない。 小文字を使うと、他のオプションとまぎらわしいからである。 サポートしているシグナル名とシグナル番号については、「2.5 シグナルの指定」を参照していただきたい。 See section シグナルの指定.


[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated on March 31, 2018 using texi2html 1.82.