[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

19.2.6 特殊文字

特殊文字のデフォルトの値は、システムによって様々である。 特殊文字を設定するには、‘name value’ という書式を用いる。 この name に何が指定できるかは、以下に列挙するが、value には、文字そのもの、 ハット記法 (‘^c’)、整数のいづれかを指定することができる。 整数は、‘0x’ で始まっていれば 16 進数、‘0’ で始まっていれば 8 進数、それ以外の数字なら 10 進数と見なされる。

GNU の stty では、値に ^-undef を指定すると、 その特殊文字を無効にする。(これは、Ultrix の stty と互換性がない。そこでは、特殊文字を無効にするには ‘u’ という値が使用されるのだ。GNU の stty は、‘u’ という値を特別扱いしない。すなわち、その特殊文字として <U> を設定するだけである。)

intr

割り込み (interrupt) シグナルを送る。

quit

中止 (quit) シグナルを送る。

erase

直前にタイプした文字を削除する。

kill

現在行を削除する。

eof

ファイル終端 (end of file) 文字を送る (入力を終了する)。

eol

行を終端する。

eol2

行を終端する別の文字。非 POSIX。

discard

出力を廃棄するか否かをトグルで切り替える文字。非 POSIX。

swtch

シェルの別の層 (a different shell layer) に切り換える。非 POSIX。

status

info シグナルを送る。現在のところ Linux ではサポートされていない。非 POSIX。

start

停止している出力を再開する。

stop

出力を停止する。

susp

端末からの停止シグナル (terminal stop signal, SIGTSTP) を送る。

dsusp

入力をフラッシュしてから、端末からの停止シグナルを送る。非 POSIX。

rprnt

現在行を表示し直す。非 POSIX。

werase

直前にタイプした単語 (word) を削除する。非 POSIX。

lnext

次にタイプする文字が特殊文字であっても、タイプしたとおりの文字として入力する。 非 POSIX。(訳注: たとえば、lnext が ^V の場合、^V^D と続けてタイプすると、^D を入力終了の印としてではなく、^D という文字そのものとして入力できるということ。)


[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated on August 15, 2017 using texi2html 1.82.