[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

19.2.2 入力に関する設定

以下の設定は、端末から受け取るデータに対する操作を制御する。

ignbrk

ブレーク (break) 文字を無視する。無効化できる。

brkint

ブレークが割り込みシグナルを発生するようにする。無効化できる。

ignpar

パリティエラーのある文字を無視する。無効化できる。

parmrk

パリティエラーをマークする (その印として 255, 0 (0xFF, 0x00) という 2 文字の連続を使う)。無効化できる。

inpck

入力のパリティチェックを有効にする。無効化できる。

istrip

入力文字の高位ビット (8 番目のビット) をクリアする。無効化できる。

inlcr

改行文字 (newline) を復帰文字 (carriage return) に変換する。無効化できる。

igncr

復帰文字を無視する。無効化できる。

icrnl

復帰文字を改行文字に変換する。無効化できる。

iutf8

入力文字が UTF-8 で符号化されていると見なす。無効化できる。

ixon

XON/XOFF フロー制御を有効にする (すなわち、Ctrl-S/Ctrl-Q を有効にする)。無効化できる。

ixoff
tandem

システムの入力バッファが一杯になりかけたら、stop 文字を送り、 バッファがほぼ空に戻ったら、start 文字を送るようにする。 無効化できる。

iuclc

大文字を小文字に変換する。非 POSIX。無効化できる。 ilcuc は実装されていないことに注意していただきたい。 そんなものを有効にしたら、ほとんどの (小文字である) Unix のコマンドが、 打ち込めなくなってしまうからだ。

ixany

どんな文字でも出力を再開できるようにする (これを無効にすると、start 文字のみが出力を再開する)。非 POSIX。無効化できる。

imaxbel

入力バッファが一杯のとき、文字を受け取ると、入力バッファをフラッシュせずに、 ビープ音を鳴らすようにする。非 POSIX。無効化できる。


[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated on August 15, 2017 using texi2html 1.82.