[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

16.3.2 アクセス許可のテスト

以下のオプションは、特定のアクセス許可について検査をする。

-g file

file が存在し、set-group-ID ビットが立っていれば、真。

-k file

file が存在し、sticky ビットが立っていれば、真

-r file

file が存在し、読み出しが許可されていれば、真。

-u file

file が存在し、set-user-ID ビットが立っていれば、真。

-w file

file が存在し、書き込みが許可されていれば、真。

-x file

file が存在し、実行が許可されていれば (ディレクトリの場合は、検索が許可されていれば)、真。

-O file

file が存在し、その所有者が test コマンド実行者の実効ユーザ ID と同じならば、真。

-G file

file が存在し、そのグループが test コマンド実行者の実効グループ ID と同じならば、真。


This document was generated on August 15, 2017 using texi2html 1.82.