ypinit

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: August 1996
Index JM Home Page roff page
 

名前

ypinit - NIS データーベースの作成とインストールを行うプログラム  

書式

/usr/lib/yp/ypinit [ -m ] [ -s master_name ]  

説明

ypinit は /var/yp に現在のデフォルトドメインに対応した サブディレクトリを作る。その後、システムに必要な管理マップの 一連のセットを生成し、その内容をこのサブディレクトリに置く。 ypinit -m によって最初に生成されるマップは ypservers マップである。 このコマンドはマスターサーバーとなるホストの root 権限で実行する必要がある。 なお、ひとつの NIS ドメインに置くマスターサーバーは一台だけにすべきである。

すべてのデーターベースがゼロから構築される。これらの情報は プログラムが実行時に取得できたものや、 /etc にある ASCII データーベースの内容が用いられる。 このようなファイルのリストは以下の 「ファイル」を見よ。

スレーブサーバーでの NIS データーベースの設定は、 すでに起動しているサーバーのデーターベースを コピーしてくることによって行われる。 master_name 引数は NIS サーバーのホスト名である (すべてのマップのマスターサーバーか、 あるいは最新で安定したデーターベースを保持しているサーバー)。  

オプション

-m
ローカルホストを NIS マスターにする場合に指定する。
-s
スレーブサーバーを設定する。 データーベースを master_name から取得する。
 

ファイル

/etc/passwd
/etc/group
/etc/hosts
/etc/networks
/etc/services
/etc/protocols
/etc/netgroup
/etc/rpc
 

関連項目

makedbm(8), revnetgroup(8), yppush(8), ypserv(8), ypxfr(8)  

バグ

現段階ではエラーの取り扱いがあまり良くない。  

作者

Thorsten Kukuk <kukuk@suse.de>


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
関連項目
バグ
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:34 GMT, March 14, 2018