REVNETGROUP

Section: Reference Manual (8)
Updated: August 2001
Index JM Home Page roff page
 

名前

revnetgroup - netgroup の逆変換データを生成する。  

書式

/usr/lib/yp/revnetgroup [-u|-h]  

説明

Revnetgroup は、 netgroup(5) 形式の標準入力を処理して、 netgroup の逆変換 形式を作成する。 つまり、元のファイルがどのメンバーがどのグループに所属するかを 示す netgroup 所属情報を出力する場合に、 netgroup の逆変換形式は特定のユーザにどのグループが 関連付けられているかを示す。 この情報は、 NIS マップ netgroup.byusernetgroup.byhosts を生成するのに使用される。 これらの netgroup の逆変換マップは netgroup の参照、特に innetgr ライブラリ関数における参照、を高速化するのに使用される。

revnetgroup コマンドは標準出力に処理結果を表示する。 通常、このコマンドを呼び出すのは /var/yp/Makefile だけで、NIS netgroup マップを作り直す際に使用される。  

オプション

revnetgroup コマンドは、以下のオプションをサポートしている。
-u
netgroup.byuser の出力を生成する。 元の netgroup ファイルのうちユーザ名の情報だけが処理される。
-h
netgroup.byhost の出力を生成する。 元の netgroup ファイルのうちホスト名の情報だけが処理される。
上記のフラグのうち少なくとも一方は指定しなければならない。
 

ファイル

/var/yp/Makefile
NIS データベースを作成するための Makefile
/etc/netgroup
デフォルトの netgroup データベースファイル。 このファイルは通常は NIS マスターサーバのみ存在する。
 

関連項目

getnetgrent(3), netgroup(5),  

作者

revnetgroup は Thorsten Kukuk <kukuk@suse.de> によって書かれた。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
関連項目
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:34 GMT, March 14, 2018