MKNETID

Section: Reference Manual (8)
Updated: August 2001
Index JM Home Page roff page
 

名前

mknetid - netid マップのデータを生成する。  

書式

/usr/lib/yp/mknetid [ -q ] [ -h hosts ] [ -p passwd ] [ -g group ] [ -d domain ] [ -n netid ]

/usr/lib/yp/mknetid --version

 

説明

mknetid は、 group (5), passwd(5), hosts(5), netid の各ファイルの内容から NIS マップ netid.byname を生成する。 mknetid は netid に複数のエントリがあるかをチェックし、警告を発するか 重複を削除する。 mknetid は NIS マップを再生成する場合に /var/yp/Makefile から呼ばれる。これがほぼ唯一の起動のされ方である。  

オプション

-q
`quiet' モードにする。netid エントリに重複があっても 警告メッセージを表示しない。
-h hosts
デフォルトの /etc/hosts 以外の hosts ファイルを用いる場合に指定する。
-p passwd
デフォルトの /etc/passwd 以外の passwd ファイルを用いる場合に指定する。
-g group
デフォルトの /etc/group 以外の group ファイルを用いる場合に指定する。
-n netid
デフォルトの /etc/netid 以外の netid ファイルを用いる場合に指定する。
-d domain
mknetid は、デフォルトではシステムのドメイン名を用いる。 システムのドメイン名が設定されていなかったり、この設定を 上書きしたい場合にはこのオプションを用いる。
--version
バージョン番号を表示する。
 

ファイル

/etc/group
グループファイル
/etc/hosts
ホストのデーターベース
/etc/netid
ネット名のデーターベース
/etc/passwd
パスワードファイル
 

関連項目

passwd(8), group(5), hosts(5), passwd(5)

 

作者

mknetid は Thorsten Kukuk <kukuk@suse.de> によって書かれた。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
関連項目
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:37 GMT, March 14, 2017