YPSERV.CONF

Section: Reference Manual (5)
Updated: October 2002
Index JM Home Page roff page
 

名前

ypserv.conf - ypserv と rpc.ypxfrd の設定ファイル  

説明

ypserv.conf は ypserv に関するいくつかのオプションが書かれた ASCII ファイルである。 ここには特殊なホストやマップの、 ypserv や rpc.ypxfrd に対する アクセスルールも記述される。このファイルは ypserv と rpc.ypxfrd が起動されたときや、SIGHUP シグナルを受け取ったときに読み込まれる。

一行には一つのエントリが記述される。オプションの行は以下のように記述される。

option: <argument>

アクセスルールの行は以下のように記述される。

host:domain:map:security

すべてのルールが一つ一つ試される。 マッチするものがまったくないと、 マップに対するアクセスは許可される。

option には次のものが指定できる。

files: 30
このオプションで ypserv でいくつのデータベースファイルをキャッシュすべきかを指定する。 0 が指定された場合、キャッシュを無効化する。 ypserv が再起動された場合、この数を減らすことのみが可能である。
trusted_master: server
このオプションがスレーブサーバーで設定されると、 ホスト server をマスターとみなして新規マップを受け付ける。 デフォルトでは信頼するマスターは設定されておらず、 新規のマップは受信しない。
例:
trusted_master: ypmaster.example.org
slp: [yes|domain|<no>]
このオプションを有効にすると、 NIS サーバーは自分自身を SLP サーバーに登録する。
xfr_check_port: [<yes>|no]
このオプションを有効にすると、 NIS マスターサーバーは 1024 未満のポートで動作するようになる。 デフォルトは "yes" (有効) である。

アクセスルールの行におけるフィールドの説明を以下に示す。

host
IP アドレス。ワイルドカードを利用できる。
例:
131.234. = 131.234.0.0/255.255.0.0
131.234.214.0/255.255.254.0
domain
このルールが適用されるドメインを指定する。 アスタリスクをワイルドカードの意味で用いることができる。
map
マップの名前。アスタリスクを指定するとすべてのマップに対応する。
security
none, port, deny のいずれかを指定する。
none
常にアクセスを許可する。
port
アクセス元のポートが 1024 未満であればアクセスを許可する。 1024 以上の場合はアクセスを許可しない。
deny
このマップへのアクセスを拒否する。

 

ファイル

/etc/ypserv.conf  

関連項目

ypserv(8), rpc.ypxfrd(8)  

警告

特殊マップに対するアクセスルールは、 本当の意味ではセキュリティを向上させるものではない。 ただ、クラッカーになりうる人間に対して、 多少その行為を困難にさせることができる。  

バグ

Solaris のクライアントは特権ポートを使わない. 全てのセキュリティオプションは特権ポートに依存しているので、 Solaris のクライアントに対しては大きな問題を引き起こしてしまう。  

作者

Thorsten Kukuk <kukuk@suse.de>


 

Index

名前
説明
ファイル
関連項目
警告
バグ
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:37 GMT, March 14, 2017