netgroup

Section: Linux Reference Manual (5)
Updated: May 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

netgroup - ネットワークグループを指定する  

説明

netgroup ファイルは "netgroup" を定義する。これは (host, user, domain) の組で、リモートマウントやリモートログイン、リモートシェルの 認証に用いられる。

ファイルのそれぞれの行には、 netgroup の名前に メンバーのリストを続けて記述する。 メンバーは他のネットグループ名であるか、あるいは以下の組合せである。

(host, user, domain)

ここで host, user, domain はそれぞれに対応する文字列である。それぞれ空文字列にすることもでき、 その場合は「すべて有効」の意味となる。逆に "-" を指定すると 「すべて無効」の意味となる。 domein フィールドはローカルのドメイン名か、空にしなければならない。 このフィールドは netgroup の制限にも、セキュリティの向上にも 用いられない。 domain フィールドはこの組が有効となるドメインを 指定するものであり、信頼できるホストからなるドメインを指定するものではない。

ゲートウェイマシンでは、その持つすべての名前をリストしておくべきである。

gateway (server,,) (server-sn,,) (server-bb,,)

netgroup データーベースへのアクセスには、通常 getnetent 関数が用いられる。

 

ファイル

/etc/netgroup  

関連項目

getnetgrent(3), exports(5), makedbm(8), ypserv(8)  

警告

(,,domein) なる組や (,,) 組を指定すると、 すべてのユーザーとマシンが信頼されることになってしまう。 host および user フィールドを適切に指定して、特定のメンバーにのみ アクセスを制限すること。  

バグ

Linux の libc5 は直接 /etc/netgroup ファイルに問い合わせできず、 NIS サーバーに対してのみ問い合わせを行う。 したがって netgroup データーベースは passwd(5) や group(5) データーベース のように、ハッシュした dbm データーベースにしておかなければならない。

この man ページでは getnetgrent(3) を紹介しているが、 このページはまだ書かれていないようだ。 getnetgrent() は GNU libc の一部なので、ページも info 形式で記述されているはずだ。  

作者

Thorsten Kukuk <kukuk@suse.de>


 

Index

名前
説明
ファイル
関連項目
警告
バグ
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:37 GMT, March 14, 2017