ypbind

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: May 1997
Index JM Home Page roff page
 

名前

ypbind - NIS バインドプロセス  

書式

/usr/sbin/ypbind [ -v|-version|--version ] [ -d|-debug|--debug ] [ -ipc|--ipc ] [ -mmap|--mmap ] [ -broken_server|--broken_server ] [ -ypset ] [ -ypsetme ] [ -no-ping|--no-ping ]  

説明

ypbind は NIS ドメインのサーバーを検索して、取得した情報を binding ファイル に保存する。 binding ファイルは /var/yp/binding ディレクトリに置かれ、伝統的に domainname.version という名前をつけられる。サポートしているバージョンは 2 だけである。
  オプション -debug が指定されていなければ、 ypbind は自分自身を起動された端末から切り離し、 バックグラウンドジョブとなる。 ypbind はエラーや警告を syslog() を通して記録する。

ypbind は起動時や SIGHUP シグナルを受けたときに /etc/yp.conf を参照し、ファイル中のエントリをバインドしようとする。有効なエントリは 以下の通り。

domain nisdomain server hostname

ドメイン nisdomain に対してサーバー hostname を用いる。

domain nisdomain broadcast

ドメイン nisdomain に対して、ローカルなネットにブロードキャストを用いる。

ypserver server

ローカルなドメインのサーバーとして server を用いる。 server の IP アドレスは /etc/hosts に記述されている必要がある。

ファイルが存在しない場合や有効なエントリがファイルに存在しない場合は、 ypbind はローカルなネットにブロードキャストを出して、ローカルなドメインの NIS サーバーを検索する。

ypbind は 2 つのプロセスに別れる。マスタープロセスはバインド情報を問い合わせ るための RPC リクエストを行う。スレーブプロセスはバインド情報を初期化 し、その内容を定期的にチェックする。障害が起こった場合にはバインド情 報は無効化され、プロセスは再度有効なサーバーを検索する。

 

オプション

-ypset
ypset(8) によってバインドするドメインを変更できるようにする。

-ypsetme
ypset(8) によるドメインの変更を、ローカルなドメインからのみに制限する。

-debug
ypbind をデバッグモードで起動する。 ypbind は自身をバックグラウンドへ移動せず、エラーメッセージやデバッグ出力を標 準エラー出力に表示する。

-ipc
ypbind のマスター−スレーブ間の通信に IPC を用いる。カーネルで IPC が有効にさ れていなければならない。ルートファイルシステムが NFS の場合はこのモー ドを用いなければならない。

-mmap
ypbind のマスター−スレーブ間の通信に mmap を用いる。古いカーネルでは失敗する かも知れない。

-broken_server
不正なポート番号を用いているサーバーからの返事を受けるようにする。これ は通常望ましくないが、 Solaris 2.4 の場合には必要となる (この不正な振 る舞いに対する Solaris のパッチは多分存在すると思うが)。

-no-ping
バインドが有効かどうかの定期的なチェックを行わない。このオプションはダ イアルアップ接続などの場合に指定するとよい。 ypbind が不必要に接続を継続したり、自動ダイアルするのを避けることができる。

 

ファイル

/etc/yp.conf - 設定ファイル。

/var/yp/binding/domainname.version - binding ファイル。ドメインに関する情報が含まれている。

/var/run/ypbind.pid - 現在実行されている ypbind マスタープロセスのプロセス id が入っている。 ypbind はこのファイルを write ロックして、複数の ypbind プロセスが起動されないようにする。

 

バグ

複数のドメインに対するバインドはテストされていない。 ypbind はドメインあたり一つのサーバーにしかバインドできない。一つのドメインで の複数のサーバーによる負荷分散はサポートされていない。

ypbind は Swen Thuemmler <swen@uni-paderborn.de> が書いた。 Michael Rausch <mrausch@ernie.mi.uni-koeln.de> が SysV-IPC のサポートを追加した。 多数のバグフィックスが他の貢献者によってなされた。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
バグ

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:34 GMT, March 14, 2018