ypwhich

Section: User Commands (1)
Updated: May 1998
Index JM Home Page roff page
 

名前

ypwhich - NIS サーバーまたはマップマスターの名前を返す。  

書式

ypwhich [ -d domain ] [ -Vn ] [ hostname ]
ypwhich [ -d domain ] [ -t ] -m [ mname ]
ypwhich -x

 

説明

ypwhich は NIS サービスをクライアントに与えている NIS サーバーの名前を返す。 またはマップに対するマスターを返す。 引数なしで起動されると、ローカルなマシンに対する NIS サーバを返す。 hostname が指定されると、そのマシンの NIS マスターを問い合わせる。  

オプション

-d domain
デフォルトドメイン以外のドメインを指定する。
-t
マップのニックネーム変換を抑制する。
-m mname
指定したマップに対するマスターの NIS サーバーを探す。 hostname を同時に指定することはできない。 mname はマップの名前である。マップのニックネームでもよい。 mname が省略された場合は、 ypwhich は利用可能なマップのリストを生成する。
-x
マップのニックネームの変換テーブルを表示する。
-Vn
ypbind(8) のバージョンを指定する。デフォルトは V2 である。

 

ファイル

/var/yp/nicknames
マップのニックネームの変換テーブル。
 

関連項目

domainname(8), nicknames(5), ypbind(8), ypcat(1), ypmatch(1), yppoll(8), ypserv(8), yset(8)

 

作者

ypwhichyp-tools パッケージの一部である。 yp-tools パッケージは Thorsten Kukuk <kukuk@suse.de> によって書かれた。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
関連項目
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:37 GMT, March 14, 2017