yppasswd

Section: User Commands (1)
Updated: May 1998
Index JM Home Page roff page
 

名前

yppasswd, ypchfn, ypchsh - NIS データベースのパスワードを変更する  

書式

yppasswd [-f] [-l] [-p] [user]
ypchfn [user]
ypchsh [user]  

説明

NIS 環境下では、通常の passwd(1), chfn(1), chsh(1) はユーザーのパスワード・シェル・GECOS 情報の変更を行えない。 なぜならこれらのコマンドはローカルなホストの passwd ファイルしか 変更できないからである。 NIS 情報を変更するには、それぞれの NIS 版である yppasswd, ypchfn, ypchsh を代わりに用いる。

実際には、これらのコマンドは同じプログラムを 別々の名前でリンクしたものである。 コマンドラインスイッチを用いれば、 パスワード (-p)、 ログインシェル (-l)、 GECOS フィールド (-f) のどれを更新するか選択できる。 これらを組合せて指定することもできる。 yppasswd は他にオプションが与えられなければ -p オプションを仮定する。 -f または -l オプションを用いた場合には、 -p フラグも陽に指定しなければならない。 ypchfn-f を、 ypchsh-l をそれぞれ仮定する。

実行時に引数 user を省略されると、起動したユーザーのアカウント情報を更新しようとする。 user を指定すると、そのユーザの情報が更新されるが、これを行えるのは スーパーユーザーだけである。 サーバーで走っている yppasswdd デーモンがサポートしていれば、 そのユーザーの (古い) パスワードの代わりに、サーバーの root パスワードを与えることができる。

すべてのコマンドは、最初のプロンプトで現在の NIS パスワードを要求する。 これは yppasswdd(8) デーモンでの認証で必要とされる。 続いて更新する情報に対するプロンプトを出す。

yppasswd または -p
ユーザーの NIS パスワードを変更する。新しいパスワードの入力を促す プロンプトが出される。パスワードの入力時には入力のエコーが切られるので、 入力中のパスワードはスクリーンには現われない。空のパスワードや、 6 文字より短いパスワードは拒否される。入力が終わると、 新しいパスワードを再入力するように促される。 これは最初のパスワード入力でミスタイプがなかったかを確認するためである。
ypchsh または -l
ユーザーのログインシェルを変更する。新しいシェルを入力するように プロンプトが出される。このとき古いシェルがデフォルト値となる。
Login shell [/bin/sh]: _
デフォルトのままにしておくには、単にリターンを押せばよい。 passwd(5) ファイルの自分のエントリから shell フィールドの内容を削除するには (こうするとシステムのデフォルトのシェルが用いられる)、 none と入力する。
ypchfn または -f
ユーザーのフルネームと関連する情報を変更する。 歴史的な経緯で、アプリケーションの中には、 passwd(5) ファイルの GECOS ファイル (4 番目のフィールド) に、 ユーザの実名に加えて、オフィスの電話番号などの追加の情報が入っている ことを期待しているものがある。 この情報は finger(1) や同様のプログラムで表示される。
ypchfn はフルネームの登録の際には、以下のようなプロンプトを表示する。 角括弧の中身はデフォルトの値である。
Name [Joe Doe]:
Location [2nd floor, bldg 34]:
Office Phone [12345]:
Home Phone []:
デフォルトのままにしておくには、単にリターンを押せばよい。 フィールドの内容を削除するには、 none と入力する。
 

関連項目

chfn(1), chsh(1), finger(1), passwd(5), passwd(1), ypcat(1), yppasswdd(8), ypserv(8), ypwhich(1)

 

作者

yppasswdyp-tools パッケージの一部である。 yp-tools パッケージは Thorsten Kukuk <kukuk@suse.de> によって書かれた。


 

Index

名前
書式
説明
関連項目
作者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:37 GMT, March 14, 2017