XFERLOG

Section: File Formats (5)
Index JM Home Page roff page
 

名前

xferlog - FTP サーバログファイル  

説明

xferlog ファイルはFTP サーバデーモン、 ftpd(8) からのログ情報を含んでいる。 このファイルは通常 /usr/adm にあることがわかるが、 ftpd(8) のオプションを使用することによりどこにでも置くことができる。 各々のサーバエントリは次の形式の単一行で構成されていて、 全てのフィールドはスペースによって区切られている。

current-time   transfer-time   remote-host   file-size   filename   transfer-type   special-action-flag   direction   access-mode   username   service-name   authentication-method   authenticated-user-id   completion-status

current-time
は"DDD MMM dd hh:mm:ss YYYY"形式の現在の地域時間である。 DDD は週の日、MMM は月、dd は月の日、 hh は時間、mm は分、ss は秒、そしてYYYY は年である。
transfer-time
は秒単位での転送の総合時間である。
remote-host
はリモートホスト名である。
file-size
はバイト単位での転送されたファイルのサイズである。
filename
は転送されたファイルの名前である。
transfer-type
には転送の種類を示す文字(一文字)を指定する。 指定できるのは次のどちらかである:
a
アスキー転送
b
バイナリ転送
special-action-flag
には特殊な操作が行われたことを示す文字(一文字以上)を指定する。 指定できるのは次のどれかである。一文字以上指定してもよい:
C
ファイルは圧縮された
U
ファイルは解凍された
T
ファイルは tar された
_
なにも行われていない
direction
は転送の方向である。 指定できるのは次のどちらかである:
o
出て行く方向
i
入ってくる方向
access-mode
はどのユーザがログインしているかのメソッドである。 指定できるのは次のうちの一つである:
a
(anonymous)は匿名なゲストユーザである。
g
(guest)はパスワード設定されたゲストユーザである( ftpaccess(5)guestgroup コマンドを参照)。
r
(real)はローカルで認証されたユーザである。
username
はローカルユーザ名、またはゲストであるならば、ID文字列が与えられる。
service-name
は起動しているサービス名で、たいていFTP である。
authentication-method
は使用された認証のメソッドである。 指定できるのは次のどちらかである:
0
なし
1
RFC931 認証
authenticated-user-id
は認証メソッドにより復帰したユーザIDである。 * は認証されたユーザIDが使用不可の場合に使用される。
completion-status
には転送の状態を示す文字を指定する。 指定できるのは次のどちらかである:
c
転送完了
i
転送未完了
 

ファイル

/usr/adm/xferlog
 

関連項目

ftpd(8), ftpaccess(5)


 

Index

名前
説明
ファイル
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:37 GMT, March 14, 2017