SWAPON

Section: Linux Programmer's Manual (8)
Updated: 25 September 1995
Index JM Home Page roff page
 

名前

swapon, swapoff - デバイスやファイルへのページング、スワッピングを有効 / 無効にする  

書式

/sbin/swapon [-h -V]
/sbin/swapon -a [-v] [-e]
/sbin/swapon [-v] [-p priority] specialfile ...
/sbin/swapon [-s]
/sbin/swapoff [-h -V]
/sbin/swapoff -a
/sbin/swapoff specialfile ...  

説明

swapon は、ページング (paging) やスワッピング (swapping) を行うデバイスを 指定するために用いられる。

使用されるデバイスまたはファイルは、 specialfile 引き数で指定される。 -L label または -U uuid という形式で、ラベルまたは uuid でデバイスを指定することができる。

swapon の呼び出しは、通常システムをマルチユーザ用に初期化するファイル /etc/rc で行われる。普通はここですべてのスワップデバイスを有効にし、ページング やスワッピングが複数のデバイスやファイルにまたがってインターリーブ (interleave) 動作できるようにする。

通常は swapon -a の書式で実行されることが多い。

-a
/etc/fstab 中で ``swap'' マークが付いているスワップデバイスをすべて有効にする。 ただし ``noauto'' オプションが付いているものは除く。 スワップとして既に動作しているデバイスは、黙ってスキップされる。
-e
swapon に -a オプションが指定されている場合、 -e オプションが指定されると、存在しないデバイスを黙ってスキップする。
-h
ヘルプメッセージを呼び出す。
-L label
指定された label のパーティションを使う。 (これを使用するためには /proc/partitions にアクセスする必要がある。)
-p priority
swapon の優先度 (priority) を指定する。 このオプションは swapon が 1.3.2 以降のカーネル下でコンパイルされ、かつ使用される場合にのみ有効である。 priority は 0 から 32767 の間の数値である。 数値が大きいほど優先度が高い。 スワップ優先度の詳細な説明に関しては swapon(2) を見よ。 /etc/fstab のオプションフィールドに pri=value を記述すれば、 swapon -a の際にその値が用いられる。
-s
スワップの使用状況をデバイス毎に表示する。 "cat /proc/swaps" と等しい。 Linux 2.1.25 より前では利用できない。
-U uuid
指定された uuid のパーティションを使う。 (これを使用するためには /proc/partitions にアクセスする必要がある。)
-v
詳細に表示する。
-V
バージョンを表示する。

swapoff は指定したデバイスやファイルのスワッピングを無効にする。 -a フラグが指定された場合には、 (/proc/swaps または /etc/fstab 中の) すべての既知のスワップデバイスやファイルのスワッピングを無効にする。  

注意

ホールのあるファイルに swapon を用いるべきではない。 NFS 上の swap は動作しないかもしれない。  

関連項目

swapon(2), swapoff(2), fstab(5), init(8), mkswap(8), rc(8), mount(8)  

ファイル

/dev/hd?? 標準のページングデバイス
/dev/sd?? 標準のページングデバイス (SCSI)
/etc/fstab ファイルシステムを ascii で記述した表。  

履歴

swapon コマンドは 4.0BSD から導入された。


 

Index

名前
書式
説明
注意
関連項目
ファイル
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:36 GMT, March 14, 2017