PARTX

Section: System Administration (8)
Updated: December 2014
Index JM Home Page roff page
 

名前

partx - ディスク上のパーティションについてその存在と番号をカーネルに通知する  

書式

partx [-a|-d|-P|-r|-s|-u] [-t type] [-n M:N] [-] disk
partx [-a|-d|-P|-r|-s|-u] [-t type] partition [disk]  

説明

partx は、引き数としてデバイスやディスクイメージを渡されると、 パーティションテーブルを解析して、その内容を一覧表示しようとする。 また、partx はカーネルに指示して、あるパーティションをカーネルに登録したり、 登録から削除したりさせることもできる。

partition 引き数があるときは、disk 引き数の指定は任意である (訳注: -a オプションでは、両方必要なこともある)。 あるパーティションを、それがディスク全体であるかのようにスキャンさせたいときは (たとえば、パーティションの中にサブパーティションが入れ子になっていて、そのリストを表示したいときは)、 引き数に "-" (hyphen-minus) を使用すればよい。例を挙げよう。

partx --show - /dev/sda3

こうすると、sda3 を 1 個のパーティションとしてではなく、ひとつの完全なディスクとして見ることになる。

partx は、fdisk プログラムの 1 種ではない。だから、partx でパーティションを登録したり、削除したりしても、ディスクが変更されるわけではない。 ディスク上のパーティションについて、その存在と番号をカーネルに知らせているだけなのである。  

オプション

-a, --add
指定されたパーティションを登録する。 あるいは、ディスクを読んで、すべてのパーティションを登録する。
-b, --bytes
出力項目 (column) SIZE を、人間が読みやすい形ではなく、バイト単位で表示する。
-d, --delete
指定されたパーティション、またはすべてのパーティションを登録から削除する。 存在しないパーティションを消すのは、間違った使い方ではない。従って、このオプションは、 現在デバイス上にいくつパーティションがあるかを気にすることなく、 広い範囲を指定する --nr オプションと一緒に使うことができる。
-g, --noheadings
--show--raw オプションを使用したとき、ヘッダ行を表示しない。
-l, --list
パーティションのリストを表示する。すべての数値は、512-byte セクター単位の表示であることに注意していただきたい (訳注: もちろん、SIZE は除く)。この出力フォーマットは非推奨であり、--show を使った方がよい。これからスクリプトを書くのなら、このオプショを使うべきではない。
-n, --nr M:N
パーティションの範囲を指定する。後方互換のために、M-N という書き方も使用できる。範囲にはマイナスの数値が含まれていてもよく、たとえば --nr -1:-1 は、最後のパーティションのことであり、--nr -2:-1 は、最後の二つのパーティションのことである。範囲の指定には、次のような表現が使える。
M
パーティションを 1 個だけ指定する (例 --nr 3)。
M:
範囲の下限のみを指定する (例 --nr 2:)。
:N
範囲の上限のみを指定する (例 --nr :4)。
M:N
範囲の下限と上限を指定する (例 --nr 2:4)。
-o, --output list
--show, --pairs, --raw の出力でどんな出力項目 (columns) を使うかを指定する。何をどんな順番で出力するかを全く指定しない場合は、 デフォルトの配列が使用される。指定できる項目すべてのリストを知るには、--help オプションを使用すればよい。このオプションは、 --add, --delete, --update, --list といったオプションと組み合わせて使うことはできない。 (訳注: このオプションの引き数 list は、出力項目をコンマで区切ったリストである。 また、+list という書式で、デフォルトの出力に項目を追加することもできる。)
--output-all
引き数として渡されたデバイスやパーティションについて、使用できるすべての項目 (columns) を出力する。
-P, --pairs
KEY="value" というフォーマットでパーティションのリストを表示する。
-r, --raw
「生の」出力フォーマットでパーティションのリストを表示する。
[訳注]
「生の」出力フォーマット (the raw output format) というのは、未加工の出力フォーマット、すなわち、最小限の整形しかしないフォーマットのこと。 ちなみに、こうした raw の反対語は cooked である (そんなオプションはないけれど)。
-s, --show
パーティションのリストを表示する。出力する項目は、--output オプションを使って選択したり、並べ替えたりすることができる。 (SIZE 以外の) すべての数値は、512-byte セクタ単位の表記である。
-t, --type type
パーティションテーブルのタイプを指定する。
--list-types
サポートしているパーティションテーブルのタイプを一覧表示して、終了する。
-u, --update
指定されたパーティションを更新 (update) する。
-S, --sector-size size
デフォルトのセクタサイズを上書きする。
-v, --verbose
饒舌モード
-V, --version
バージョン情報を表示して終了する。
-h, --help
ヘルプテキストを表示して終了する。
 

用例

partx --show /dev/sdb3
partx --show --nr 3 /dev/sdb
partx --show /dev/sdb3 /dev/sdb
この三つのコマンドは、どれも /dev/sdb の 3 番目のパーティションの情報を表示する。
partx --show - /dev/sdb3
/dev/sdb3 というパーティションにあるすべてのサブパーティションの情報を表示する (/dev/sdb3 というデバイスをひとつの完全なディクスと見なす)。
partx -o START -g --nr 5 /dev/sdb
/dev/sdb の 5 番目のパーティションの開始セクタを、ヘッダを付けずに表示する。
partx -o SECTORS,SIZE /dev/sda5 /dev/sda
/dev/sda の 5 番目のパーティションの大きさを、セクタ数と人間に読みやすいサイズ表記で表示する。
partx --add --nr 3:5 /dev/sdd
/dev/sdd の 3 番目から 5 番目までの (両者を含む) パーティションの内、利用できるのものすべてをカーネルに登録する。
partx -d --nr -1 /dev/sdd
/dev/sdd の最後のパーティションをカーネルの登録から外す。
 

関連項目

addpart(8), delpart(8), fdisk(8), parted(8), partprobe(8)  

作者

Davidlohr Bueso <dave@gnu.org>
Karel Zak <kzak@redhat.com>

最初のバージョンを書いたのは、Andries E. Brouwer <aeb@cwi.nl> だった。  

環境変数

LIBBLKID_DEBUG=all
libblkid デバッグ出力を有効にする。
 

入手方法

この partx コマンドは、util-linux パッケージの一部であり、Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/> から入手できる。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
用例
関連項目
作者
環境変数
入手方法

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 09:33:36 GMT, November 21, 2020