MKFS.MINIX

Section: Linux System Administrator's Manual (8)
Updated: 2 July 1996
Index JM Home Page roff page
 

名前

mkfs.minix - Linux MINIX ファイルシステムを作成する  

書式

mkfs.minix [ -c | -l filename ] [ -n namelength ] [ -i inodecount ] [ -v ] device [ size-in-blocks ]  

説明

mkfs.minix は Linux MINIX ファイルシステムをデバイス (通常はディスクパーティション) 上に作成する。

device は通常以下のようなものである:

/dev/hda[1-8] (IDE disk 1) /dev/hdb[1-8] (IDE disk 2) /dev/sda[1-8] (SCSI disk 1) /dev/sdb[1-8] (SCSI disk 2)

size-in-blocks 引数は、ファイルシステムのサイズの希望値をブロック単位で指定する。 これは、もっぱら過去との互換性の維持を目的とした機能である。 省略されると、サイズは自動的に決定される。 11 以上か、65535 以下の値だけが指定可能である。  

オプション

-c
ファイルシステムを作成する前に、 デバイスに不良ブロックがないかチェックする。 見付かったら、ブロックカウントを表示する。
-n namelength
ファイル名の最大の長さを指定する。 現在指定できるのは 14 または 30 だけである。 デフォルトは 30。0.99p7 より前のカーネルでは 14 しか受けつけない。
-i inodecount
ファイルシステムの i-ノードの個数を指定する。
-l filename
filename から不良ブロックのリストを読み込む ファイルの一行に不良ブロックをひとつ書く。 読み込んだ不良ブロックのカウントが表示される。
-v
Minix version 2 ファイルシステムを作成する。
 

終了コード

mkfs.minix の返す終了コードは以下のどれかである:
0
エラーなし
8
動作エラー
16
利用法または文法のエラー
 

関連項目

mkfs(8), fsck(8), reboot(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
終了コード
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:36 GMT, March 14, 2017