MKFS.BFS

Section: Linux System Administrator's Manual (8)
Updated: 12 Sept 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

mkfs.bfs - SCO bfs ファイルシステムを作成する  

書式

mkfs.bfs [ -N nr-of-inodes ] [ -V volume-name ] [ -F fsname ] device [ size-in-blocks ]  

説明

mkfs.bfs は SCO bfs ファイルシステムをブロックデバイス (通常はディスクパーティションか loop デバイスでアクセスされるファイル) 上に作成する。

size-in-blocks 引数は、ファイルシステムのサイズの希望値をブロック単位で指定する。 省略されると、パーティションの全体が用いられる。

 

オプション

-N
i-ノードの個数を指定する (最大 512)。 何も指定しないと、パーティションのサイズから計算された デフォルトの数値 (48-512 の間) が用いられる。
-V volume-label
ボリュームラベルを指定する。筆者はこの利用法・利用局面がわからない。
-F fsname
fsname を指定する。筆者はこの利用法・利用局面がわからない。
-v
詳細に出力する。
 

終了コード

mkfs.bfs の返す終了コードは、 正常に終了した場合は 0、異常が発生した場合は 1 になる。  

関連項目

mkfs(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
終了コード
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:36 GMT, March 14, 2017