IPCS

Section: Linux Programmer's Manual (8)
Updated: 9 October 1993
Index JM Home Page roff page
 

名前

ipcs - IPC リソース情報の表示  

書式

ipcs [ -asmq ] [ -tclup ]
ipcs [ -smq ] -i id
ipcs -h  

説明

ipcs は、IPC リソース機能に関する情報を出力する。

-i を指定すると、後続の id で指定されたリソースの情報だけが出力される。

リソースの指定は次のようになる:

-m
シェアードメモリセグメントを指定する。
-q
メッセージキューを指定する。
-s
セマフォを指定する。
-a
すべてのリソースの情報が出力される(これは、省略時の動作である)。

出力フォーマットの指定は、次のようになる:

-t
リソースが最後に変更された時間を出力する。
-p
リソースの所有、作成、最終変更を示すプロセスIDを出力する。
-c
リソースの作成ユーザーおよびグループの情報を出力する。
-l
各リソースの上限値を出力する。
-u
各リソースの使用状況を示すサマリが出力される.
 

関連項目

ipcrm(8)  

著者

krishna balasubramanian (balasub@cis.ohio-state.edu)  

翻訳

福場 浩壮 <koso@ga2.so-net.or.jp>


 

Index

名前
書式
説明
関連項目
著者
翻訳

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:33 GMT, March 14, 2018