UL

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
BSD 4  

名称

ul - 入力中のアンダーライン生成コードを端末のシーケンスに変換する  

書式

ul [-i ] [-t terminal ] [name ... ]  

解説

ul は、 指定されたファイル (指定されていなければ標準入力) を読み、 アンダーラインを表示すべき部分を、環境変数 TERM で定義されている端末にあわせてアンダーラインを表示するシーケンスに変換する。 アンダーラインのシーケンスを決定するために、 terminfo データベースが読み込まれる。 端末がアンダーライン機能を持たず、強調表示機能を持っている場合には、 強調表示を代わりに使用する。もし端末が二重印字できるか、端末自体に アンダーラインを扱う機能があるならば、 ulcat(1) と同じになる。 端末がアンダーラインを扱えない場合は、アンダーラインは無視される。

以下のオプションが利用可能である:

-i
アンダーラインのかわりに、次の行の当該位置にダッシュ `-' を表示する。 これは、CRT 端末上で nroff 出力のアンダーラインを見たいときに有効である。
-t terminal
端末タイプを、環境変数で指定されたものの代わりに terminal にする。

 

環境変数

以下の環境変数が利用される:

TERM
変数は、tty デバイスに対応する、デバイスの端末能力記述 ( terminfo(5) を参照すること) を得るために利用される。 TERM は、ログイン時に、 /etc/ttys に指定されたデフォルト端末タイプに設定されるか、 ログイン処理中に、 ユーザによって、そのユーザの login ファイルのなかで設定される ( setenv(1) を参照すること)。
 

関連項目

man(1), nroff(1), colcrt(1)  

バグ

nroff は、通常、テキストにアンダーラインを入れるためにバックスペースと アンダーライン文字を連続して出力する。 ul は、このカーソルの逆方向への移動の最適化までは行わない。  

歴史

コマンドは BSD 3.0 から登場した。


 

Index

名称
書式
解説
環境変数
関連項目
バグ
歴史

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:36 GMT, March 14, 2017